なんとも言えない不思議な体験

昨日の夕方、見舞いの帰りにバス停に向かって歩いていると、一匹の蝶が近づいてきました。 アゲハでしょうか。それらしき模様の蝶は、自分たちの周りをヒラヒラと舞ったかと思うと、しばらく歩調に合わせてついて来ました。 どこまでついてくるのかと思って見ていると、100メートルあまり一緒に歩道を進んだところでスピードを緩めて離れてゆきました。 ハエやハチにつきまとわれたことはありますが、アゲハと並んで歩いたのは...
0

初心者をすっ飛ばして一流にはなれない

誰しも最初は付け焼き刃からしか入れない。 付け焼き刃のままで終わらなければいい。 via: Twitter / shigotanon そうそう! 付け焼き刃だろうがなんだろうが、まずはやってみればイイ。 まだ自分は充分なことができない初心者だからといって何も手をつけないと、いつまでたっても実践することはできません。 たとえ上手くいかなくたって、やってみれば何がマズイのかが分かったり、どうすればもっとよくなるのかに気づい...
0

巴里は君とともにある

もし若いときに巴里に住む幸運に巡り会えば、後の人生をどこで過ごそうとも、巴里は君とともにある。なぜなら巴里は移動する祝祭だからだ。 via: 移動祝祭日 - アーネスト ヘミングウェイ 「巴里」は置き換えることができる。 住んでいた場所だけでなく、出会った人、感動した映画や本、仕事や勉強など、若い時に影響を受けたありとあらゆる経験が当てはまる。 自分にもいろいろな「巴里」があった。 パパ・ヘミングウェイ...
0

解釈の自由

パンの自作を「パンを手に入れる」という目的で評価すると非常に効率が悪いわけだが、「半日がかりの遊び」として評価すれば非常に安上がりで健全でよろしいということになる。 via: Twitter / koba31okm 一つのできごと、一つの体験でも 何通りもの解釈の仕方があるものです。 そして、 一つのできごと、一つの体験を どう捉え、どう解釈するかによって 何通りもの経験をするチャンスがあります。 さらに、 一つのでき...
0

林間学舎へ出発!

今日から長女ゆきちゃんは 2泊3日の林間学舎に行きました。 つい この前 小学校に上がったばかりだと思っていたら もう転地学習に参加する歳になっていたなんて… 解っているつもりでも少し信じ難い気分です^^; 天気予報は概ね晴れ。 登山に川遊びにキャンプファイヤー、 数えきれないくらいの体験が詰まった3日間! 一生に一度の小学5年生の夏休み。 いっぱい いっぱい 思い出をつくってきてね~(^^)/ ・・・など...
0

もっと大人も雪だるまを作ろう!

6歳の娘に、45年に一度の大雪らしいから遊んでおけ、と言ったら、「私は45年経ったらまた見られるけど、お父さんは生きてるかわからないんだからお父さんこそ遊んでおいたら」と言われ、ぐうの音も出ず、感慨に浸りながら雪だるまを作りました。 via: Twitter / dandori たしかに・・・ ぐうの音も出ません^^; 45年に一度の大雪もスゴイけど この6歳児も 45年に一人くらいの 超逸材ですね! それはともかく・・・^^; ...
2

点々とエサを巻くことで 網やトラップのある場所までおびき寄せ 射程距離に入った時点で捕獲する… マンガに出てくるような バレバレのウソ臭い罠ですね(^^ゞ 小鳥や小動物ならまだしも 赤ちゃんとはいえ人間が こんな罠にかかるのでしょうか? Baby, Piece of candy 果たして・・・ かかってしまいました~^^; 備わりし才能もさることながら 経験による知恵が身を助けるということが よーく解った気がしますwww ・...
0

遊園地が大好きです

必死の思いがにじみでています… こどもたちに夢と希望を与える施設としては ちょっとどうかとは思うのですが… これからも 頑張ってもらいたいものです。 …っていうか、 頑張ってるんですよね。 だから、なんだかんだ言われながらも 事業を継続しているんですよね。 ボクがこどもの頃に連れていってもらった 阪神パーク、宝塚ファミリーランドなどは もう何年も前に閉園してしまいました。 デートで行ったポートピアラン...
0

買われないために試してもらう大切さ

さて、ここで考えてみて欲しいのは、ある好き嫌いがはっきりしてしまうような食品があったとして、試食をする事で「買わない」と思う人が多いのであれば、試食させないほうがよいと考えるべきなのかどうか、という事です。 結論からいうと、試食をして買わないと決めた人は、買わなかった事で満足ができるのです。言い方が変ですが、逆に言えば試食をしないで購入して、家に持ち帰って食べてみて、想像と違っていたら、そのお客様...
2

経験を積むということ

羽生善治氏「経験豊富とは、たくさん考えるんじゃなくて、たくさん考えないということ。経験を積むことによって不必要な情報は捨てられる。足し算の蓄積で経験が生きるということではなくて、無駄なことを省くことができるというのが本当の意味での経験を生かすということなのかなと思っています。」 via: Twitter / 孫泰蔵   いろいろ考えてしまうことがあるけれど あれこれ考えているうちは まだまだ経験が足りないとい...
0

実感領域

塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない だが、なめてみればすぐ分かる。 (松下幸之助)   学問で得た知識は、概して一般論である。 体験で得た智慧は、時処位 相応、自分だけのもの。   よくある事例であっても やはり個別の事情があるものだ... 今日、そのことが 改めて身に沁みた。   ●1年前の今日:かすかな ささやき...
0

笑顔のゆたかさ

旅って、 異質なもの、あたらしいものに出会うことに きっと意味はあるが、 その「もの」の中には、 食べ物や風景や絵画やファッションなどと共に、 「自らの経験」ってことが重要なんだよなあ。 via: 今のところではありますが……   確かに... 旅っていうのは、 新しい自らの経験を得る機会ですね。 新しい物事を目の当たりにするという 知識の会得のチャンスであると同時に、 それを即、実際に体感できるという ...
0