怖くたってイイ。心配になってもイイ。

「想いに忠実に×自分の頭でよく考えて×勇気を出して=選択したこと」に人は後悔しない。うまくいくかいかないか未来は誰にもわからない。失敗するかも苦労するかもしれない。それでも選ばなければ一生後悔しただろう。想いに添った道での苦労は、自分を損なわない、コツコツ自分を満たしていく。 via: Twitter / zoonieyamada そうそう! 大切なことは 自分で選ぶこと。 自分で決めること。 自分で実践し続けること。 だ...
0

ありがとう! 吉田沙保里さん

もうスグ今日が終わります。 今日中に書くか書かないか迷っていましたが、やっぱり書いておこうと思います。 レスリング吉田沙保里さんが負けました。 本当に吉田沙保里が負けたのか。 霊長類最強の吉田沙保里が負けたのか。 朝の参拝から帰ってきて観たオリンピック決勝。 まるで夢を見ているような信じられない光景でした。 吉田沙保里が泣いていました。 インタビューでは泣きながら謝っていました。 いつまでもいつま...
0

背中を押すコトバ

自分が失敗したことがあるからこそ、 人に同じ思いをして欲しくない、 だから「気をつけて!」と言いたくなる。 でも言われる側としては、 「気をつけて!」と言われびくびくしながらやるよりも、 「大丈夫、失敗したってなんとかなる。  私がなんとかしてあげるから、思う存分やってごらん!」 と言われた方が、 私を気遣ってくれている思いが伝わってくる。 via: おとなの小論文教室。 もちろん悪気などない。 心...
0

勇気と行動が生きる力につながる

「私はHIVに感染しています。私に触れてくれますか」 こう書かれたボードを足元に置いて街角に立っているのは、フィンランド在住のジェンさん。 HIVは、人の免疫システムを破壊し、さまざまな病気を発症しやすくしてしまうウイルスです。 HIVは、性感染、母子感染、血液感染など非常に限られた感染経路しかないことが確認されており、通常は感染者に触れるだけで感染することはありません。 しかし一般的に、正確な知識がな...
0

小さい勇気こそ

人生の大嵐がやってきたとき それがへっちゃらで 乗り越えられるような 大きい勇気もほしいが わたしは 小さい勇気こそほしい わたしの大切な仕事を 後回しにさせ 忘れさせようとする小さい悪魔が テレビのスリスドラマや 漫画にばけて わたしを誘惑するとき すぐそれがやっつけられるくらいの 小さい勇気でいいから わたしはそれがほしい もう五分ねてたっていいじゃないか けさは寒いんだよと あたたかい寝床の...
2

弱くても 勇気が出せないても

強い人間など、どこにいる?! 人はみな弱く、はかない。 ただ、そこで勇気を出す人間と、 そうでない人間がいるだけだ。 via: Twitter / zoonieyamada うん。。。 たしかに そうなんだと思います。 でも、そこで 勇気を出す人間を 強いと呼び そうでない人間を 弱いと呼ぶのかもしれません。 やっぱり 強い人間、弱い人間というものは あるのではないかと感じています。 けれども、ボクは 弱くても、勇気が出せな...
0

元気ですかーーーっ!

週末、テレビを観ていて、ある言葉が気になりました。多くの人が、様々な出来事から「元気や勇気をもらった」とコメントをしています。それに対してある人が、「最近は勇気も元気も外注なんですね」とつぶやいて、その感想で僕が感じていた違和感の理由が分かりました。 via: Twitter / uchu_kyodai いつまでも もらってばかりでいいのか? 自分を本当に満足させられるは 目一杯がんばってやり切った自分。 栄養ドリンクだ...
0

ボクらのスーパーヒーロー

  ボクらのヒーローは変身もできないし 巨大ロボットを操縦しているわけでもない。 だけど、 作業服や、迷彩服を着て、 黙々と命がけで戦ってくれている。 何万人もいるボクたちのスーパーヒーロー! 心強いかぎりです。 ありがとう!   「自衛隊」って、 「国民救助隊」みたいな名前に変更したらいいのに。。。 いつも何かある度に 命をかけて救助してくれてるねんから、 完全にデファクトスタンダードになってい...
0

恐怖を感じる時

小心者は、危険の起こる前に怖れる。 臆病者は、危険の起こっている間に怖れる。 大胆な人間は、危険が去ってから怖れる。 (リヒター)   馬鹿者は、いつになっても恐れない。 …とは書いていなけようだけど... 勇気とは恐れを感じないということではなく、 恐怖を目の前にしてなお行動できること。 恐怖を感じ、理解分析し、克服すること。 故に、恐れることを忌諱することはなく、 恐怖を感じないのは、むしろ愚者。...
0

「信じる」ことについて

「盲信」と「疑いながら信用する」ということは、「信」の強度の問題のように見えますが、ぼくはまったく異なる心的過程であると思っているのです。 「盲信」の場合は自分は相手のコントロール下に置かれており、信じさせられているわけですが、後者の場合は、「疑う」と言うことが自分の「信用」を監視し補償するための計器の様に機能しており、自らの「信」を信じて良いかどうかを常に問うというかなり複雑な構造を持っている様...
0

勇気を与える存在

義足のランナーの方へ。 32キロ付近であなたに抜かれました。しかし、抜かれた後、私の周りのペースは確実にあがりました。下を向いていた人たちがしっかり前を(あなたを見て)走り始めました。あなたにとってはそういう意図はなかったのかもしれません。しかし、あなたの走りは、確実に周りの人に勇気を与えました。あなたに会えただけでも今回参加した甲斐がありました。走っているときは苦しかったですが、走り終えた後は妙に...
0

努力するという自由 (再)

微妙な問題について書いてるな~ それに、文章が解り難い...^^; 1年前の今日のエントリーを読み返して そう思った。。。 でも、自分の生き方に関する核心的なことに なにげなく触れている記事やったな...と思う。 今でも、この感覚は確信として根付いている。 今なら もう少し解りやすく書けるかも知れないけど... 付け加えるとしたら「努力の定義」みたいなところかな。 春... いろいろな別れがあり、出会いがある季...
0

見知らぬ同士が心を通わせる

新車を購入する為、6年間乗ったマーチを手放すことになりました。 小1の長男は声をあげて泣きました。 長男は妹と一緒にマーチの中に 「マーチへ。 いままでいろんなところにつれていってくれてありがとう。 これからもげんきでね」 と書いた手紙をしのばせ、マーチとお別れしました。 それから9ヶ月余りが過ぎた先日、郵便受けに「マーチより」と書かれた 長男と妹あての手紙が届きました。 その手紙には 今マーチは新...
4

冬枯れの靱公園

  今日は、ゆきちゃんと2人で 冬枯れの靱公園に出かけました。 先週とはうってかわって 寒さの厳しい週末でしたが、 そんなことはお構いなしの ゆきちゃんは大はしゃぎ! 久しぶりのモスバーガー、 初めての二人乗り自転車、 手作り凧、そして・・・ 今日は、写生を楽しみに やってきたんです。     ゆきちゃんの作品。↑ ちょっと目を離していたら アッという間に描き上げていました。 いつも 描くの早い...
2

ないから生まれる…

ないから生まれるんだ。 中国人は道徳心が無いから儒教が生まれた。 日本人は勇気がないから武士道が生まれた。 アングロサクソンはずるいからフェアプレーの精神が生まれた。 via: -nanospectives-   な~るほど・・・ なかなか絶妙な表現!   でも もしかすると…   あったけど 忘れてただけなんじゃないのかな?   もともとは持っていたんだけれど いつの間にか忘れてしまっていて これはヤバイ! とな...
2

腕なし 脚なし 心配なし! そして 限界なし!

ニック・ブイヂチ 1982年、オーストラリアで生まれたニックは、 生まれた時から四肢がなく、とても小さい左足だけがあった。 Nick Vujicic(日本語字幕) Nick Vujicic 1(日本語字幕) via: 野口嘉則 公式ブログ 「幸せ成功力を高めよう」   僕には両手と両足がない。 でも、このチキン・スティックみたいな 小さい足をもっているのに感謝しているんだ。 これはできない… あれもできない… いつもできないこ...
0