それくらいのことしかできませんが

今、自分ができる最高の社会貢献は、「ただただ機嫌よく過ごす」ということだと思う。誰かを責めるでもなく、過剰に応援するでもなく、ただただ、機嫌よく過ごす。そうやってまずは自分と、自分の周りの生命力を高める。— F太(福地 翔太) (@fta7) April 28, 2020 このご時世、最前線でリスクを負って働き続けている人たちを思うにつけ、感謝と尊敬のキモチで一杯です。 本当に ありがとうございます。 自分は直接お...
4

僕たちは死の瞬間まで新しい体験をし続ける

良いのか良くないのかがわからないなら始める価値がある。始める前から良いとわかっているものは、すでに誰かが始めている。わからないことを「始めない理由」にせず「始める動機」に換える。— しごたのん (@shigotanon) April 22, 2019 子どもの頃は見るもの触れるもの何でも初めてのことだらけ。 だからといって臆することはなく、好奇心の赴くまま何にでも手を付けてみるのが当たり前だった。 挑戦するという意識...
2

迷ったらコインを投げろ!

祖父から「迷ったらコインを投げろ」と聞いた事がある。迷う時間が無駄だから運に任せろという意味だと捉えていたが、違った。コインが空中を舞っている一瞬の間に「表になれ!」か「裏になれ!」と強く念じる瞬間が来る。それがお前の本当にやりたい事だ、との事だった。— 三木田中央@本の人 (@mikitachuo) March 19, 2020 それは解っているつもりなのだけど、 迷ったときに限ってコインを投げれない。 そうするのが...
0

果たしてこれは青春の幻影なのか?

久しぶり、本当に久しぶりに観ました。 40年前の名作アニメ「銀河鉄道999」劇場版。 中学3年の夏休み、東北一人旅の途中、弘前の映画館で観て以来、忘れることのできない思い出の一作です。 鉄道旅行中だったこと、主人公・星野鉄郎と同じ歳であったこと、青春期の本番がまさに始まろうとしていた時期だったことなど、ハマって当然の状況ではありましたが、その後こんなに後を引くとは思いもしませんでした。 そして、齢五十...
2

心を直ぐに持ちぬれば

元日にひいた今年のおみくじは「中吉」でした。 昨年も「中吉」でしたが「基礎を堅め 急進はいましろ」と釘を刺されていました。 しかし、いつの間にか忠告を忘れてしまい、せっかくの運気を活かせずに過ごしてしまったと反省しています。 果たして今年は「運気上昇しつつあります」とのこと。 昨年後半は悩ましい試練もありましたが、ようやく先の見通しも立ち一息ついたところでしたので、天の報せを信じてことを運びたいと...
2

2019年 どうもありがとうございます

「初日の出」ならぬ「末日の出」。 このところ定例化しています。 今年の冬は比較的温かく過ごしやすい日が続いていますが、大晦日の今日は少し冷え込むとの予報でした。 ですが、今のところあまり冷え込む気配はありません。 これなら今夜の外出でも凍えずに済みそうです。 今年1年、いろいろありました。 昨年は叔父の死を契機に家族や親戚に関わる課題に直面することが続きました。 その多くは今まで見て見ぬふりをして...
4

満たしてくれる人じゃなくて…

「自分を満たしてくれる人」じゃなくて、「自分で自分を満たすことを応援してくれる人」と一緒にいるのがいいよねと最近すごく思います— あかしゆか (@akyska) December 19, 2019 そうそう! ホントそう思います そして、同様に… 「相手を満たしてあげる人」じゃなくて 「相手が相手自身を満たすことを応援する人」として 寄り添って見守るのがいいよねと 再三すごく思っています ・・・などと、 思ったり...思わ...
0

変わろうとするのではなく活かすこと

昨日のエントリーで「50歳からでも人生を変える6つのポイント」を紹介しておきながら、こんなことを書くのもなんですが… 誤解を恐れずに言うと、ボク自身は変わろうと思っていません。 むしろ変わろうとするべきではないと思っています。 いや、何も変わらなくてイイというわけじゃないんです。 人生はどんどん良い方向へ変えていけばイイんです。 向上心を持って進化成長していけばイイ。 でも、自分自身を否定して変わろ...
2

自信とは

絶対に失敗しないと言いきれることが、自信ではない。 やれることは全部やったと言いきれることが、自信である。 それは、他者に主張するようなものではない。自分自身に対して、「自分はこれで精一杯だ」と宣言すること。これが素直に言いきれることが非常に大切だと思う。 via: 悲観する力 / 森博嗣 逆に言うと、やれることは全部やったと言いきれない、そういう状況を自信がないというのだろう。 一見すると敗北宣言にも...
0

煙草の煙の如く音楽を燻らせる達人

映画「NO SMOKING」 公開初日の今日、観に行ってきました。 ファーストデー割引日かつ初日でしたが予想以上に空いてました。 それもそのはず… A Haruoni Hosono Documentary Movie. 細野晴臣 50周年記念ドキュメンタリー こんなマニアックな映画ですからね。 言うまでもなく細野さんは本邦を代表する音楽家であり、海外での評価も高いので充分に知名度は高いのですが… 追悼作品じゃないすよ。 彼はバリバリの現役ですから...
2

いよいよ次のステップへ駒を進めるとき

史上最強とも噂された台風19号は伊豆半島に上陸した後、急激に速度を上げて再び太平洋上へ駆け抜けていきました。 近畿、東海から関東甲信越、東北地方にかけて広い範囲で甚大な爪痕を残しましたが、今朝の大阪は久しぶりの爽やかな朝を迎えることができました。 被災された方々が一日も早く平常を取り戻せますように心よりお祈りします。 三連休の中日、今夜はバンドのメンバーと打合わせを兼ねての食事会。 野菜を中心...
2

令和初の終戦の日に思うこと

令和最初の「終戦の日」 政府が全国戦没者追悼式(2019年8月15日) 今日は令和で初めての終戦の日。 天皇陛下は即位後初めて全国戦没者追悼式に出席し、おことばを述べられました。 「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。 終戦以来74年、人々のたゆみない努力により、今...
0

私たち一人ひとりにできる大きな役割

 目を閉じて聴いてください。  幾千の人の手足がふきとび  腸(はら)わたが流れ出て  人の体にうじ虫がわいた  息ある者は肉親をさがしもとめて  死がいを見つけ そして焼いた  人間を焼く煙が立ちのぼり  罪なき人の血が流れて浦上川を赤くそめた  ケロイドだけを残してやっと戦争が終(おわ)った  だけど……  父も母も もういない  兄も妹ももどってはこない  人は忘れやすく弱いものだから  あや...
2

夢を見るから未来は創られていく

これは画期的すぎるやろ... pic.twitter.com/LNWJL7Awot— さや@学生だけどCMO (@masaya_kitani) 2019年6月30日 いや ホント! これは画期的だわ… まるでSFの世界… 夢に見たことが次々に現実化しています。 スゴイ世の中になったものです。 きちんとネイルケアしておかないと乗りが悪いとか、意外と使い方が難しいだとか言われているようですが、それを差し引いてもスゴイ。 そういう課題を改善してさらにイイもの...
2

自分に誇りを持つとは

「自分に誇りを持つとは、自分の優秀さをひけらかし、人を見下すということではありません。多くの欠点を持ちながら、それでも精一杯に生きている自分に誇りを持つということ。同じように頑張っている人に、心からエールを送るということです。」『こころの深呼吸~気づきと癒しの言葉366』(教文館刊) pic.twitter.com/dsXMIerxjl— 片柳弘史 (@hiroshisj) March 14, 2019 隣の芝生は青く見えるものです。 ところが、そ...
2

雨の改元 謹賀新時代

あけまして おめでとうございます 令和の時代の幕開けです。 全国的に低気圧と前線の影響から不安定な天気となり、雨が降った地域がも少なくなかったようです。 天皇陛下の譲位に関わる行事も概ね雨が降ったりやんだりする中で執り行われました。 これを以て「あいにくのお天気」と言いたいところですが、実は雨の日に重要な行事が行われるのは、洋の東西を問わず古くから縁起が良いとされています。 地鎮祭や結婚式なども雨...
2