永遠の永遠の永遠

国立国際美術館で開かれている展覧会 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」に行ってきた。 日本を代表する美術家として国際的に活躍する草間彌生。 網目や水玉のパターンが無限に増殖する作品を 70年以上にもわたって制作し続けている。 個人的には、最近話題の毒々しいカラーの作品よりも モノクロームな「愛はとこしえ」の方がスキなのだけれど、 それらも一挙50点が展示されていたのは圧巻だった。 他にも、あの「南瓜」...
0