「走りながら考える」の本当の意味

「走りながら考える」 よく目や耳にするコトバです。 完璧な方法を考え抜いてから行動に移そうとすると、概して実行できないまま時間だけが過ぎてゆく。 だから、まずは行動せよ。 行動しながら考えて改善していけばよい。 行動して初めて見えてくることもある。 走りながら考えることが大切。 成果を出している人の多くは走りながら考える人です。 なるほど納得ですね。 しかし、ここで一つ注意しておく点があります。 ...
0

目標を達成して成長するための考え方

恩師から「絵に限らないけど、階段式に上達しようとすると、よっぽど情熱や根気がないとバテるよ」って言われて描いて貰った図に「あぁー!!!」ってなったので、ざっくりとですが共有したい。 階段じゃなくて、それぞれの小ステータスをちまちま上げていくイメージでやるほうが向いてる人も居ると。 via: Twitter / comori_uta そうそう! そういうこと。 考え方Bの場合、目標は「今日はここをやろう」の部分になるわけで...
0

停滞気味で行動できない時は

考えたり悩んだりするばかりで停滞気味… なにかにつけ行動に移せなくなっている… そんな時は、人に会うのが一番イイ! 背中を押してくれる人がいるかもしれないし、ブレーキを外してくれる人がいるかもしれない。 でも、本当に大事なのは、様々な人に会って様々な人の話を聴いて、ぐちゃぐちゃになること。 様々なコトバで様々に表現された様々な意見を、わけが分からなくなるくらい浴びせかけられてみる。 人に会ってヒント...
0

やめられないことでも一休みならできる

何かをやめるコツは、やめるのではなく一時休むことにすること。「また次もある」と思えば、その場はやめられる。その「次」が来る前に寿命が来れば、やめたことになる。 via: Twitter / shigotanon ハイ、コレ使えます! ウチの愛娘たちがケームに夢中になっている時なんかも、「とりあえず一回休んでオヤツでも食べて、また後で遊んだらエエやん」って言ってやると、渋々でも大概はやめます。 そして多くの場合、そのまま...
0

悩み抜き考え抜く

頭で信じられようが信じられまいが、ひとつ言える確かなことは、悩んでるとき、停滞していると思うときほど、自分の意識の及ばない深遠な層から目まぐるしく変わり始めている。自分の変化に自分の頭が気づくのは、わりと変わりきった最後の段階だったりする。それまでじっと待てるかどうか。 via: Twitter / shh7 いや… ホント… 気がつかないものです、悩んでる真っ只中には。 気がつくも何も、悩みのタネは往々にして外的要...
1