お姉ちゃん合格おめでとう!

長女の受験。 まずは私立高校に合格しました。 昨日からの発熱でボーッとしながら確認したweb発表。 思わず嬉し泣きしてしまったお姉ちゃん。 よかった よかった! 合格おめでとう! その後、1時間ほどして届いた郵送の合格通知。 もうこの時には少し熱も下がって気分は上々! さっそくオヤツを食べながら合格祝い第一弾。 ですが、体調不良で学校も欠席しているので、その後は再びおとなしく寝ていました。 夕方まで養...
2

まさかこんなに育つとは思いませんでした

9月下旬くらいだったでしょうか? ふと思いついてプランターに植えてみたんです。 で、こんなに大きくなりました。 予想以上に成長しています。 少し根っこも太くなってきました。 ハイ。そうです。 ダイコンです。 ダイコンなんですけどね… 実はコレ… カイワレダイコンなんです。 ハイ。そうです。 あのヒョロヒョロのカイワレ。 長女が理科の授業で育てていたカイワレ。 観察が終わっても傷んでいるかもしれないか...
0

平成最後の炎を燃やしてくれました

今日は中学の体育大会。 長女は一年のときも二年のときも、なぜか直前に体調を崩して臨んだ体育大会。 果たして今年も三日前くらいから体調不良でした。 が、今朝はもう随分と回復していたので昨年までのように満身創痍という気配はありません。 過去二回は曇りや小雨だった空模様も今年は秋晴れ。 絶好のスポーツ日和となりました。 ニ年連続でエントリーしていたスウェーデンリレーには出ませんでしたが、100m個人走、クラ...
0

やればいいことをめんどくさがらずにやる

大抵のことは「やればいいことをめんどくさがらずにやる」だけでクオリティ上がるので、クオリティ低いっていうことは、単純にめんどくさがっているだけのケースが多い。才能とかそういうことではなく、単に怠惰なだけ。 via: Twitter / @ssuge ハイ。おっしゃる通り。 めんどくさがっているだけですね。 けど「めんどくさがらずにやる」ことができるのも大いなる才能の一つ。 問題は、才能がないことを理由に「やればいい...
0

夏休み返上で頑張る長女15回目の誕生日

早いもので、ついこの前、夏休みに入ったと思っていたら既に8月も半ば… 依然として異常な酷暑が続いていますが、秋の虫が鳴いているのを5時半の参拝で確認しました。 あれだけ喧しく鳴いていた蝉は明らかに少なくなってきています。 やはり立秋も過ぎて暦の上では秋ですからね。 時の流れは移ろいやすく瞬く間に過ぎ去っていきます。 そしてまた早いもので、長女は今日、15歳の誕生日を迎えました。 あれからもう丸15年。 ...
0

10年分くらいのシゴトが片付いた気分

うす曇りだった上に露出が上手く合わなかったせいで判りにくい写真になっていますが、今夜は満月ですね。 満月の時期はこれまで取り組んできたことが形になったり願いが叶ったりしやすいと言われていますが、このところ自分の身の回りでも様々なことが急展開しています。 この半月ほどの間に、ずっと先送りしていたことや、今まで考えたこともなかったけれど実はやっておかなければならなかったことが、次々と実行レベルの課題と...
0

次女が10歳になりました

次女は今日、おかげさまで 10歳の誕生日を迎えることができました。 一つ、二つ ~ 八つ、九つ… 「つ」のつく年齢を終え、いよいよティーンエイジャーの仲間入りです。 思う存分に若さを謳歌してください。 まだ小学生ではありますが、できることや自由も少しずつ増えてきました。 ですが同時に、もう甘えてばかりはいられない歳でもあります。 遊びに勉強に充実した日々を過ごしていますが、ワガママな態度や約束を守らない...
0

言葉の力

言葉使いを変えると生き方が変わる。試しに「すみません」を「ありがとう」に置き換えたり、「できない」を「別のやり方はないかな?」に置き換えたり、「しんどい」と言う代わりにジョークの1つでも言ってみるといい。「今日こそ変わろう!」と安直に決意にするよりはずっと効果ある via: Twitter / @jmatsuzaki 「すみません」って言ってる人は、申し訳ないことに囲まれている人。 「ありがとう」って言ってる人は、ありが...
0

幸せの絶頂だったときはいつですか?

新年度を迎えられたすべての皆様へ。 ひふみんから、 このことばを贈ります。 どんなにはりきっていても新しい環境や慣れない人間関係に、不安や緊張で心細い気持ちになったり、明日を憂鬱に感じてしまったりしたときには、そっとこのことばを想いだしてみてください。 via: Twitter / hifumikato 人生で 一番幸せな瞬間は、 これからやってくる! 「今までの人生で幸せの絶頂だったときはいつですか?」と聞かれたら...
0

後悔もまた必要なこと

過去を振り返ると、ああ、あの時あの人に対してもっと最善の言動があったのになあと後悔することがある。しかし、仕方ないのだ。あの時は、それが自分の精一杯だったのだ。今、そう思えるには、その時の後悔を含めた、自分の全人生が必要だったのだと思うようにしている。過去はそうやって取り戻す。 via: Twitter / koikekazuo そうか! そうすれば過去は取り戻せるのか。 仕方ない、精一杯だった 本気でそう思えていない...
0

器量を大きくする

ある年老いたヒンドゥー教の師は、一人の若い弟子が不平ばかり言うのにうんざりしていました。 それである朝、その弟子に塩を買いにいくように言いつけました。 弟子が戻ると、師はコップ一杯の水に、ひと握りの塩を入れて飲んでみなさいと言いました。 「どんな味がしたかな」と師が尋ねました。 「塩辛いです」と言って、弟子は塩水を吐き出しました。 師はクスリと笑い、同じひと握りの塩を持って、弟子を湖に連れて行き、...
0

進め我が道 魅せろ友情の力

今日は長女が通う中学の体育大会。 一昨日からの体調不良で昨日は授業を欠席していました。 実は、去年も同じような状況で、本番直前の2日間を欠席して臨んだ体育大会でした。 今朝も未だ微熱があって心配しましたが、本人は気合充分で颯爽と出かけていきました。 長女の出番は午後の3種目。 午前中はお祖母ちゃんの退院に付き添わなくてはなりませんでしたが、出番に間に合って応援できました。 午後は次女の授業参観があ...
0

目標を達成して成長するための考え方

恩師から「絵に限らないけど、階段式に上達しようとすると、よっぽど情熱や根気がないとバテるよ」って言われて描いて貰った図に「あぁー!!!」ってなったので、ざっくりとですが共有したい。 階段じゃなくて、それぞれの小ステータスをちまちま上げていくイメージでやるほうが向いてる人も居ると。 via: Twitter / comori_uta そうそう! そういうこと。 考え方Bの場合、目標は「今日はここをやろう」の部分になるわけで...
0

学校の行事でこんなに感動したのは初めてです

今日は中学校で文化発表会がありました。 文化委員の長女は昨日も遅くまで学校に残っていましたが、今朝も早くから登校して準備に余念がありません。 さらに、合唱コンクール最優秀賞クラスとしての指揮とコーラス、吹奏楽部の演奏もあって大忙しです。 教室に展示してある作品も去年よりもグッとレベルアップしていて成長を感じます。 多感な年頃なので手を抜いたりすることもあるだろうと思っていましたが、どれも一所懸命に...
0

目を見張る成長ぶりが嬉しかった長女の誕生日

随分と久しぶりに熱帯夜を免れた朝。 薄雲に覆われていたものの爽やかな夜明けでした。 今日は長女の誕生日。 14年前の今日、彼女は生まれてきてくれました。 お盆休み中の誕生日なので毎年当日に誕生日会を開いています。 ですが、今年は明日までお預けとなりました。 というのも、一昨日から三日連続で学習塾の特訓講座に参加しているからです。 朝から晩までびっしりカリキュラムが詰まっています。 体力・気力・学力と...
0

「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではない

毎日同じリズムを刻んでいると、ちょっとした変化に敏感になれる。必死に神経をとがらせるより同じリズムをキープする方がラク。 via: Twitter / shigotanon 長く同じことを繰返しているとマンネリ化してしまう… こんな話を聞くことは少なくありません。 たしかに、そういう一面があることは間違いありません。 ですが、「同じことを繰り返す」=「マンネリ」ではありません。 同じことを繰返し行い続けることには大きなメ...
0