庶民のプチ贅沢

これは、あれだなァ。 秋の夜更け、ひとりウヰスキーを呑みながら、その相手をさせたいツナ缶だなァ。 しんとしずもった秋の夜。片手にはミステリーの文庫本。 箸で身肉を一枚ずつ剥がしとり、口中へ投入。しっくりと慈しみながら味わう。 すかさず、ウヰスキーをごくり。 ふと気付くと、ベランダで秋の虫が鳴いてゐる。 りりり、りりりと鳴いてゐる。 いいものですなァ、秋といふのは...。 やっ。春本番なのに、秋の妄想...
0

抽選会

いよいよ宴会シーズンもラストスパート。 今日は職場の忘年会。 プレゼント抽選会で… 5千円の高級海苔ギフトセットが当たりました~(^^)/  ・・・?  この テープを剥がしたような跡は …何や? ホンマに高級海苔ギフトセットなのか? いや… 高級海苔ギフトセットだった... であろう。 …だった... であろう。   もうギフトセットではないにせよ... しかし、高級海苔には違いない! とか、言い聞かせつつも…...
0