あの時の自分...

定点観測

一年前、「定点観測」という記事を書いていた。

一年ぶりに読み返してみて
なかなかエエこと書いてるなぁ などと
他人事のように思いながら

毎日、一年前の記事を読み直している自分がいる
そんなことに気づいた。

 
明確なテーマをもって
何かを掘り下げているわけでもなく
何かを探し求めているわけでもなく
ただ脈絡もなしに書きなぐっているブログ。

どこかで見つけた気になるネタや面白い画像を
ただ、そのままコピペしているだけの日もあれば
誰かが書いた文章を
ただ、そのまんま reblogしている日もある。

 
でも、自分自身で読み返してみると
そこには 確かに!1年前の自分がいることを感じる。

オリジナルの文章だろうが なかろうが、
気の利いたことを書いていようが いまいが、
そこには 確かに!1年前の自分がいることを感じる。

1年前に自分が見たこと、聴いたこと、知ったこと、
そしてそれに興味を持ち、何かを感じたという証がある。

柔軟に変化し続けている自分がいる。
信じきり、守り通している自分がいる。

 
そして そこには
僅かばかりの小さな変化が感じられる。

あるいは そこには
変わらないキモチ、確信のようなものが感じられる。

 
あまりにも他愛のない変化や確信なので
他人には判らないかも知れない...
他人には意味がないことかも知れない...

だけど、
読み返してみて感じる この小さな変化や確信に
けっこうエエ感じかも... とか、
なぜかしら感じてしまう自分がいることに気がつく。

な~んか ムフフフ...という感じ。。。

 

日記とか、日記的ブログっていうのは
どれも… これも…
ある種の「定点観測」なんじゃないかと。。。

そこに、
他愛のない 小さな変化や確信を
でも、何か大切で重要な変化や確信を
見つけることができるプチメディアなんじゃないと。。。

 
いや、やっぱり…
それだけのことなんですが...^_^;

 

●1年前の今日:定点観測

web拍手

定点観測日記変化

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply