終わりの始まり

今、起きていること(または自分がもう始めてしまったこと)はすでに終わりつつあることなんだ。目の前のことは幻かもしれない。次に自分は何をしようか考えていよう。それは意思の問題だから。

via: Perrier

 
朝、会社へ向かうために
家を一歩 出た瞬間から
既に到着へのカウントダウンが始まっている。

始めるということは、
終わりへの始まりだということやね。

 
そして…

通勤の途中では、
行きたい、行きたくないに関わらず、
行かなくちゃ行かなくちゃという思いがあるが、
会社に着いた途端に、その思いは消える。

当たり前のことだと言えば、それまでだけど、
なるようになってしまえば、思いは消えてしまう
...ということは確かにある。

 
困ったことが起こっていて、
面倒なことにハマってしまって、
イヤだな~ どうしよ~ 困った~
…という思いに襲われていたとしても、

行くところまで行けば
やっぱり その思いは消えてしまう...

 
その困ったことや面倒ってヤツは、
無意識の中に蠢いている嫌な思いを
消すために現われ出てきていると言ってもイイ。

 
ある意味で、現象とは、
現われ出てきている無意識であり、
現われ出た時点で無意識ではなくなる。

すなわち、
それが 心のデトックスの鍵。

 
そういうことなんじゃないかと
思ったり 思わなかったり... (^^ゞ

終わりの始まり

 

●1年前の今日:ゆきな画伯 秋の新作

web拍手

お気楽心の叫びデトックス

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply