権利と義務

なぜかこの選挙中、メールで、候補者に×をつける投票も認めようとか、入れる人がいないから白票を入れるので白票の数も数えて云々という意見が多く寄せられた。

民主主義はそんなに甘いものではない。立候補している候補者はろくでもない、気に入らない、だから×、あるいは白票を入れよう、自分は安全なところで何もしない。そんな都合のいいことが通るわけはない。

民主主義には権利と義務がつきまとう。権利は選挙権であり、被選挙権だ。そして、義務も全く同様に選挙権であり、被選挙権だ。

手を挙げようとしている人間がろくでもないというならば、彼らに×をつけて非難するのではなく、自分が手を挙げる。それが民主主義だ。自分が手を挙げる覚悟も勇気もなくて、手を挙げた人間の悪口を言って事が済むほど世の中は甘くない。

手を挙げた人間がろくでもないならば、自分が手を挙げる。自分が手を挙げる覚悟と勇気がないならば、それを持って手を挙げた人間の中からベストを選ぶ。それが民主主義だ。

選挙権を持った国民、被選挙権を持った国民それぞれがフィールドに立っているプレイヤーだ。自分はPKを蹴らないけれど、外した奴の批判はする、では通らない。あいつはPK外しそうだというならば、自分が蹴ろうとするべきだ。

河野太郎公式サイト | 民主主義の権利と義務

 
この人の支持者ではないけれど
この記事には全面的に共感できる。

昨日も触れたけれど、
投票による参政というものは
権利であると同時に市民の責任。

権利を主張したり、政治家の責任を追及する前に、
まずは、市民としての責任を果たすのが道だと思う。

 
投票率は、一時に比べる回復傾向にあるが、
それでも尚、高いレベルにあるとは言えない。

さらに、今回の選挙では、河野氏が指摘するように、
「入れる人がいない」という理由で投票を棄権したり
白票を投じる人が、実に多いかがよく見えた。

 
既成政党が既得権益を擁護し続ける限り、
投票率の老高若低傾向は高まる一方だろう。

改革を掲げる新党や諸派も、
既成政党の批判ばかりで
明確で具体的な政策を掲げず、
根本的な問題に触れようとしない姿勢で臨む限り、
白票を投じたくなる人は後を絶たないだろう。

 
しかし、
民主主義は、権利と義務がセットであり、
権利は義務が伴って初めて保証される。

やはり、
さまざまな市民の権利を求めるなら、
政治に不満をぶつけるのであれば、
投票による参政は欠かせない責任だと思う。

その意味において、
「投票する人がいない」と思ったのなら
自ら出馬するか、支持者を立てて支援をすること...

そこまでできないとしても、
たとえ消去法であってもベターを選択し投票し、
自分が選んだ一人だという意志と責任を持つということが
権利を主張する上で必要な市民の義務だと思う。

手を汚さずに、ぬくぬくと批判だけしていては
満足を何も得られなくても仕方がないのではないか。

 
実は、今回の選挙では、
旧知の同志が選挙区から出馬した。

果たして、惨敗であった。

それは、ある程度、予想できた。

かくすれば
かくなるものと知りながら
やむにやまれぬ大和魂
    であった。

しかし、
予想以上の得票があった。

既得権者や組織票ではなく、
無党派層の気まぐれ票だけでなく、
彼の志と、生き様に
何かを感じ取った人たちが
熱い一票を投じたものだと感じた。

彼に投票した有権者もまた、
身はたとひ
武蔵の野辺に朽ちぬとも
留め置かまし大和魂
    なのだ。

 
泥舟と化した日本丸は確かに危うい。

だが、
一筋の光明は未だ消えてはいない。

ひとつでいい  ひとつがいい
自分の役割と責任を果たしていきたい。

 

●1年前の今日:そんな人がいるのかー。

web拍手

天命責任権利

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply