今を創り続ける

「自動車をなくせば人力車や人が担ぐかごの時代が戻ってくる」と本気で考える奴はいないだろうし、冗談じゃなく言ったら恐らく頭蓋骨の中身や脳の疾患を心配されると思うが、「iPodをなくせば音楽CDの時代が戻ってくる」だと本気でそう考えて言い出す人間も存在する。

via: Twitter / RPM

 
同様に、電子書籍化を防げると思っている人間もいるし、
もう少し辛抱すれば右肩上がりになると思っている人間もいるし、
良いモノを作れば売れると思っている人間もいる。

でも、時間は常に不可逆的であり
過去は常に記憶の中にしか存在しない。

今を生きているのは、
今を創り続けている人間だけだ。
 

その場の空気と音をまるごとひとつのマイクで録るっていう、その豊かさを取り戻すことなんだ。

 ~~~(中略)~~~

1940年代頃の音楽の良さは、レンジの狭さとかセピア色とかそういうことじゃなくて、空気をまるごと一本のマイクで録音したっていうことなんだよ。

 ~~~(中略)~~~

マルチレコーディングになって以来、空気を全部削ぎ落として「音」だけの情報にして、空気がなくなった分をエコーで処理して空間をつくっていくことの空虚さ。それを今、痛感してる。

via: 細野晴臣 分福茶釜

 
過去に戻ることはない。

戻るというのは、
何かが後ろに存在している...
ということを前提にした考えであるが、
実のところは
前も後もなく、ただ、今があるだけ。

しかし、記憶や記録の中から
何か感じることのあったモノやコトを
意図的に 今、使ってみることはできる。

それは、
過去に戻ったということではない。

今から見た過去の記憶を、今使うということは
その過去にはできなかった新しい試みだ。

希望や記憶は、今の延長上にあるかのように見え、
さまざまな誤解を生じることもあるが、
そのおかげで、今が創り続けられている。

 
・・・などと
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

 

●1年前の今日:心に寄り添う

web拍手

変化進化成長こだわりノスタルジー

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
下ちゃん  

こんにちは(^o^)

>今から見た過去の記憶を、今使うということは
>その過去にはできなかった新しい試みだ。

そう考えると面白いですね。
時間の概念って不思議に感じます。

2010/11/29 (Mon) 13:40 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
下ちゃん...

★毎度おかげさまです。

 時間って、
 連続しているようで、
 実は不連続なんですね。

 ここにある今は
、未来から来たわけではなく
 過去になっていくのではなく
 いつも今があるだけ。

 なんか そんな感じ。。。

 引きずったり、夢に溺れたりし過ぎないように
 今を大切に生きていきたいと思います。

2010/11/30 (Tue) 11:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply