使用上の注意

使用上の注意

その時、彼は腕をふってた。

小学生の時にマラソン大会の前、
先生に教えてもらったことだ。

「足が動かなくなったとしても、腕をふれ!」

これ、本当だ。

駅伝で思い出して、今日やってみたら、
本当になんとか走れるものだ。
腕を目一杯ふると、
足はついてくる。

これ、実は、日常生活で
結構使えることだと思う。

via: 今のところではありますが……

 
うん...
これは とってもイイ感じ!

手軽で、スグに実行できそうだし、
いろいろ応用も利きそうな気がする...(^_^)v

 
どうもシゴトがはかどらない って時には、
To Do リストだけでもまとめてみるとか...

ちょっと機嫌が良くないな って時には、
鏡の前で笑顔を作ってみるとか...

そういうことって
確かに 効果があると思う。

ロードレーサーに乗っていると
つい本気でペダルを漕いでしまう みたいな...

何かのスイッチというか、
後押しをしてくれる魔法のようなもの...

それを覚えていれば、
いろいろな場面で
全力が出し切れる可能性は高くなると思う。

 
だけど…
それは 長続きしない。

一過性のパワーなんだと思う。

だから、
どんな時にも万能ってわけにはいかない。

 
期限やゴールが決まっている時、
そして、そこまで あと一息っていう時、
そういう場面なら、この方法は
スゴイ効果が発揮されるに違いない。

そして、その結果、
達成感や満足感を得やすくなると思う。

でも、
いつまで続くか解らない状況にある時、
どのくらい頑張ればイイのか判り難い時には、
逆に、心身を痛めることになるかも知れない。

 
どんな良い方法も
使いどころには注意が要る。

スタートダッシュと
ラストスパートでは、
走り方は自ずと違ってくる。

短期勝負と長丁場では、
戦い方は自ずと違ってくる。

効果や結果を求めるのなら
そのための前提や条件やを確かめておきたい。

その上で、
ぜひ!使っていきたいアイデアだと思う。

 
・・・などと、
思ったり... 思わなかったり...

では、お気楽に..(^^)/~~~

 

●1年前の今日:会いたいキモチ

web拍手

心理魔法無意識

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply