我々40代は何をすべきか…って?

正直に言って、今の20代のエンジニアの人達のレベルは高い。

勿論、そうでない人もいるけど、特にトップノッチの人達の水準は高い。
それに比較して40代以上は残念ながら、相対的に低い。

これは一重に教育の水準が上がったということもあると思う。
コンピューターサイエンスや情報工学のコースも充実してきていると思うし、何より勉強することが普通である、というが20代の世代的な常識になっていると思う。

要はスタート地点が我々の時よりも前になっている、ということだと思う。素晴らしいことだ。

さて、我々40代はどうか?
残念ながら不勉強である。
はっきり言うが、「勉強しないことが偉い」的なカルチャーがあったし、今もある人にはある。

via:「我々40代は何をすべきか」急がば回れ、選ぶなら近道

 
あぁ まさに その通り。
その40代としては、耳の痛い指摘。

今は昔...あのバブル期というのは
本当に懐が深い時代だったんだなと思う。

まぁ、いろいろと狂っていたのは
自分たちの世代だけだったわけではないのだろうけど、
こんな奴等を大量に受容れていたのだからスゴイ。

でも、今の時代に、そんな余裕はない。

 
勉強しなきゃ。勉強せなアカン。

ところが、
今この歳になって そう思っても、
なかなか勉強がはかどらない。

幸か不幸か、シゴトは忙しくないから時間はある。
都市部に住んでいるからセミナーにも参加しやすい。
図書館も近いし、いつでもインターネットが使える。

だけど、集中力が続かない。
驚くほどの記憶力の衰え。
恐ろしいまでの既成概念やこだわりの強さ …など、
かつては想像もしなかった悪条件がつきまとう。

いや、これも...
これまでの勉強不足が祟った結果かもしれない。

老化は受け入れざるを得ないが、
学習の習慣ができていれば、
ここまで衰えは進んでいなかっただろうし、
老化を補う方法を身につけていたに違いない。

とは言うものの、
今こうして、耳の痛い指摘を目の当たりにして
ただ言い訳を放っているようでは、本当の老人でしかない。

とにかく、今から何か始めよう。

いや、今も勉強していることがあるのだから
それに磨きをかけることにしよう。

そして、その上で、いつか手をつけようとしていた
あの課題に、いよいよ取り掛かることにしよう。

集中が続かないのであれば、
とにかく、続くところまでやってみよう。

こういう地味な取り組みは
決して苦手なことではなかったはず。

 
耳の痛い、情けなさを思い知らされる指摘だったけれど、
なんとなくヤル気を出させてくれる話題でもあるな。

やらなきゃならない...という義務感や責任感よりも
まだまだ やりたいことがある...というワクワク感が
きっと、そんなキブンにさせてくれているんだろうと思う。

この 自分と未来への期待感があるうちに・・・
毎日毎日 暑いけど... もうちょっと頑張るか。

まぁ それなりに・・・ お気楽に...(^^)/~~~

一生勉強 一生青春

 

●1年前の今日:やってみせる やらせてみせる

web拍手

天命自主自立勉強会期待

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply