失敗して落ち込むとき

失敗して一番厄介なのは、「恥ずかしい」という感情だ。
これに向き合いたくないがために、穴に頭を突っ込むことにして、落ちこんでしまう。
落ちこめば、この恥ずかしさに向き合わなくてすむからだ。

via: 失敗したら - 陰陽師的日常

 
しかし、ただ落ち込んでいるだけでは
失敗したことで起きた問題に対処できない。

だから、恥ずかしさに向き合って
その時に必要な行動をとらなければならない。

とはいうものの、
それが なかなか 思うようにできないのも事実。

さて...どうしたものか?

 
そんな心配をよそに、
落ち込んでいる間に問題は表面化し悪化する。

すると、いずれ望もうが望むまいが
問題に対処せざるを得ない時がくる。

落ち込もうが、落ち込むまいが
はずかしさに向き合わなければならない時はくる。

どうせなら、自ら潔く 恥ずかしさに向き合いたい。

けれど、どうしたって逃げようがないのだから
どんな態度でいたって結局は同じこと。

失敗して落ち込んだってイイってこと。
気にしなくたってイイ。

 
・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

穴があったら入りたい

 

●1年前の今日:気になるニュースポーツ!

web拍手

失敗逃避責任お気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply