石の上にも三年

「石の上にも三年」

このコトバには続きがありました。

 

Fさんのお宅の壁に、
こんな文章が貼ってありました。

 

「石の上にも三年」

 

入院中に、親友から贈られたもので、
Fさんはとても気に入っていると言っていました。

石の上にも三年。
忍耐の大切なことのたとえですよね。

車椅子にひたすら座って、
ご主人の帰りを待つFさんに
ぴったりの言葉のように思えました。

 

でも、この文章には続きがありました。

 

その続きはFさんの友人が考えたようですが、
実はFさん、
その続きの方が好きだと言っています。

 

 

石の上にも三年。
三年も我慢したのは石のほう

 

 

「三年も我慢したのは石のほう」

 

Fさんはこう言っています。

「辛い思いをしているのは自分だけじゃない。
 私は周りの人にいっぱい支えられている」

 

Fさんは、
自分を支えてくれるご主人、
お手伝いしてくれる介護の方々、
連絡をくれる友人、
自分が使っている車椅子など、
多くのものに感謝しているそうです。

私が担当していた頃は、
動かなくなった足を憎んでよく叩いていました。
しかし、今ではその足を叩くこともせず、
不自由な足にすら感謝するようになっているようです。

Fさんは、毎日いっぱい感謝することがあるそうです。

 

三年も我慢したのは石のほう

 

via: 『3秒でHappy?名言セラピー』

 

 

メルマガで偶然見つけたコトバ。。。

ちょっと こなれないけど、深いなぁ~

イイ感じ。。。

 

「石の上にも三年」 このコトバには続きがあるのです

 

web拍手

感謝忍耐我慢

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply