止むに止まれぬ大和魂

大東亜戦争 開戦の詔勅 (米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)

太平洋戦争 開戦の詔勅
(米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)
現代語訳

神々のご加護を保有し、万世一系の皇位を継ぐ大日本帝国天皇は、忠実で勇敢な汝ら臣民にはっきりと示す。

私はここに、米国及び英国に対して宣戦を布告する。

私の陸海軍将兵は、全力を奮って交戦に従事し、私のすべての政府関係者はつとめに励んで職務に身をささげ、私の国民はおのおのその本分をつくし、一億の心をひとつにして国家の総力を挙げこの戦争の目的を達成するために手ちがいのないようにせよ。

そもそも、東アジアの安定を確保して、世界の平和に寄与する事は、大いなる明治天皇と、その偉大さを受け継がれた大正天皇が構想されたことで、遠大なはかりごととして、私が常に心がけている事である。

そして、各国との交流を篤くし、万国の共栄の喜びをともにすることは、 帝国の外交の要としているところである。

今や、不幸にして、米英両国と争いを開始するにいたった。

まことにやむをえない事態となった。

このような事態は、私の本意ではない。

中華民国政府は、以前より我が帝国の真意を理解せず、みだりに闘争を起こし、東アジアの平和を乱し、ついに帝国に武器をとらせる事態にいたらしめ、もう四年以上経過している。

さいわいに国民政府は南京政府に新たに変わった。

帝国はこの政府と、善隣の誼(よしみ)を結び、ともに提携するようになったが、重慶に残存する蒋介石の政権は、米英の庇護を当てにし、兄弟である南京政府と、いまだに相互のせめぎあう姿勢を改めない。

米英両国は、残存する蒋介石政権を支援し、東アジアの混乱を助長し、平和の美名にかくれて、東洋を征服する非道な野望をたくましくしている。

あまつさえ、くみする国々を誘い、帝国の周辺において、軍備を増強し、わが国に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与へ、ついには意図的に経済断行をして、帝国の生存に重大なる脅威を加えている。

私は政府に事態を平和の裡(うち)に解決させようとさせようとし、長い間、忍耐してきたが、米英は、少しも互いに譲り合う精神がなく、むやみに事態の解決を遅らせようとし、その間にもますます、経済上・軍事上の脅威を増大し続け、それによって我が国を屈服させようとしている。

このような事態がこのまま続けば、東アジアの安定に関して我が帝国がはらってきた積年の努力は、ことごとく水の泡となり、帝国の存立も、まさに危機に瀕することになる。ことここに至っては、我が帝国は今や、自存と自衛の為に、決然と立上がり、一切の障害を破砕する以外にない。

皇祖皇宗の神霊をいただき、私は、汝ら国民の忠誠と武勇を信頼し、祖先の遺業を押し広め、すみやかに禍根をとり除き、東アジアに永遠の平和を確立し、それによって帝国の光栄の保全を期すものである。

御名 御璽

昭和十六年十二月八日

玉音放送(終戦の詔勅)は
若い人の間でも比較的よく知られていると思いますが
開戦の詔勅を知る人は、意外に少ないのではないでしょうか。

なぜ戦争をしたのか?
その理由が簡潔に書かれています。

これは日本の立場から見た理由ですが
欧米列強の覇権から東アジアを守るためという名目は
正論であり正義であると思います。

もちろん、
欧米には欧米の正論があり正義があって
互いの大義正論がぶつかり合った時
戦争という道を選んでしまうのだと思います。

しかし、
互いの正論が真正面から対立してしまった時
それを打開する方法は
本当に戦争以外にはないのでしょうか。

個人的には、
日本が先の戦争に踏み切ったことは
やむを得なかったことだと認識しています。

ただ、
やむを得なくなる前にするべきことが
あったのではないかと思っています。

あるいは、
やむを得ないということを当たり前に
むやみに正当化することに対しては
否定的な印象を抱かざるを得ません。

黒船の来航以来、現在に至るまで
日本は欧米列強に不平等な条件や契約を
受け入れさせられ続けてきました。

けれども、その受容力こそが
独立国としての地位を保っている原動力であり
消極的な自衛戦であったとも思います。

アジア各国では
列強の植民地と化するところが続出しましたが
日本が大戦直後を除いて独立を維持しているのは
やむを得ず不平等を受け入れてきたことも
一因になっているような気がします。

つまり
大きな戦を避けるために
やむを得ず不平等な条件を受け入れてきたと。

それは一見すると
その場しのぎや優柔不断で後向きな態度だと
言えないこともないでしょう。

しかし、それが実のところ
日本的な方法であるとも言えるように思います。

勇猛果敢に生命を投げうってでも戦う姿は美談ですが
自己満足の無駄死には武士道にも適っていません。

本当の意味で大義を貫き
本当に大切な人やものを守ろうとするためには
戦争という方法以外にも
もっと日本的な方法があったように思います。

そういう意味で、
開戦がやむを得なくなる前にするべきは
やむを得なく不恰好な方法を執ること
であったのかもしれません。

維新以後の日本は
急激に欧米化がすすんで
日本古来の文化や思想の輝きが
曇りつつある流れに呑み込まれていたと思います。

大戦後の占領政策による洗脳教育については
多くの人に知られているのですが
それ以前から、日本人が自ら
日本の良さや日本的な方法を
忘れかけていたことについては
あまり指摘されることがありません。

とはいえ
当時の国民の大半と皇室は
けっして日本人の心を忘れていませんでした。

だからこその現れとして
列強の挑発と国内の強硬派に対して
やむを得ず開戦を認めざるを得なかった
ということではないかと思うのです。

なかなか上手く説明ができませんが
長い日本の歴史の中で
ほとんど対外的な戦争がなかったことや
内紛の規模が諸外国よりも小さかったことは
島国であるという地理的な条件にとどまらず
日本人が古来から受継いできた文化や思想が
大きく影響していると思っています。

その日本人らしさを忘れた時こそが
日本の平和は危ぶまれるのではないでしょうか。

何でもかんでも「のらりくらり…」
では良いはずはありませかんが
時と場合によっては
その「のらりくらり…」が
日本人らしい方法であることも否定できません。

日本人には 日本人に合ったやり方がある。

日本人には 日本人に合った生き方がある。

止むに止まれぬ大和魂は
和の心をもって
家族、社会、国家、地球を尊しとする…
そう確信しています。

今できることを通じて
今の最善を尽くして
今の時点で最高の平和を
守り、育てていくために。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~


John Lennon - Stand By Me

 

●1年前の今日:今できること

web拍手

日本人和の心天命自分らしさ平和戦争

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply