驚きとワクワク…


Madeline + Train = Sheer Delight

うわぁ~~~っ!

はじめて電車に乗る3歳の女の子の
驚きと ワクワクが溢れれんばかりの表情が
カワイ過ぎますwww(^^)/

ゆきちゃんや もっちゃんを見ていても
こういう表情を よく目にします。

でも 解るなぁ そのキモチ。

子どもの頃は
初めてのことばかりで
何を見ても心をときめかせていました。

いえ…
子どものころだけじゃありません。

幼稚園や学校にあがったときにも
社会人になったときにも
大事なシゴトを任されたときにも
結婚したときにも
子どもが産まれたときにも

初めて知らない世界に踏み込んだとき
何かに一人で初めて挑戦してみたとき

これまでに何度も何度も
驚きとワクワク感に心を震わせて
楽しんできました。

けれども いつの間にか
その頻度は減ってきているように思います。

…というか
そう確信しています。

子どもの頃だけじゃなかったよな…
大人になってからも あったよな…

でも、最近は ちょっとご無沙汰かもな…

確かに…
歳を重ねるごとに
経験を積むごとに
普段の生活の中では
知らないことや予想もつかないことは
次第に減ってきています。

そうなると
驚いたりワクワクしたりすることも
だんだん減ってくるのも当然なのでしょう。

だけど
ホントにそれだけが
驚きとワクワクが減ってきた
理由なんでしょうか?

驚きとワクワク…

驚きと ワクワク っていうのは

期待不安を 同時に体験するんですよね。

言い換えてみると…

新たな世界への第一歩であり
夢の実現と希望に満ちた歓びであると同時に
未知の世界への恐怖と
向きあわなければならない苦痛でもあるんですね。

その
期待と不安のバランスが
いつの間にか変わってきたのでしょうね。

夢と希望に満ちた歓びに
グイグイと引っ張り込まれるような感覚が
だんだん恐怖や苦痛を避けようとする感覚に
変化してきたのだと思います。

年齢や経験を重ねるごとに
さまざまな現実を理解するようになって
新鮮さや可能性を感じにくくなってくると
期待感が小さくなってくるのは自然な流れです。

そして
安定や安心を手に入れるためには
危険や苦痛を避けて通った方が楽だという
生活の知恵も手にしていることでしょう。

そうなると当然のごとく
期待と不安のバランスが
変わってくるものなのでしょうね。

だけど
これって…
考え方次第なんだろうなぁ
…とも思うのです。

歳や経験を重ねて
いろんなことを見て聞いて
知ってきたことは事実なのですが
もちろん!
世の中の全てを知っているわけではありません。

まだまだ知らないことは たくさんありますし
きっと、一生かかっても全ては知り得ないですよね。

確かに
危険や苦痛を避けて通ることは
安定や安心を得るための
効率の良い方法の1つではありますが
安定や安心だけが歓びや幸せではないですよね。

なんだか いつの間にか
知ったかぶりになっていたかもしれません。

なんだか いつの間にか
うれしがり方が偏っていたかもしれません。

寄る年波には勝てないというと
及び腰まる出しの言い訳になりますが^^;
確かに 最近は小さくなっていたと思います。

好奇心チャレンジ精神 が…

改めて
そんなことを思ってみると
なんとなく…

もっと知りたい!

もっと楽しみたい!

もっと驚いて ワクワクしたい!

そんな風に感じました。

やっぱり!
ときどき視点を変えるきっかけを
もたなくちゃね(^^)/

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

この域に達するまで まだまだ驚いて ワクワクするぞ!

 

●1年前の今日:うっかりミス

web拍手

期待好奇心チャレンジ不安恐怖視点お気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply