知っていますか?「認知症サポーター」

認知症サポーター養成講座

今日の午後、
「認知症サポーター養成講座」を受講しました。

縁あって地域包括支援センターで
介護サービスなどのお話を伺っていたのですが
その流れで認知症についても話題にあがりました。

認知症の実態やや患者への応対などの説明を受け
DVDを観たりしているうちに
オレンジ色のリングが配布されました。

すると・・・
「今日から あなたも認知症サポーターです!」
と言われました。

えっ? 何?
と、一瞬ひるみましたが…
これが養成講座だったんだと気づききました。

というわけで…
受講しました  というよりは
ひょんなことから気がついたら
受講してしまっていた  の方が正確ですね^^;

なにはともあれ
今日からオレンジリング保持者ですww

認知症サポーター事業は
高齢者人口の増加による認知症対策として
厚生労働省が2005年から始めたものです。
6時間の講座を受けた「キャラバン・メイト」が講師となって
一般市民を対象に「認知症サポーター養成講座」を開きます。

この「認知症サポーター養成講座」を受講した人が
「認知症サポーター」と呼ばれます。

90分の養成講座で認知症の基礎知識を身につけ
地域で認知症の人を支えることを目指しています。

認知症サポーターは
何か「特別なこと」を行うわけではありません。

講座を通じて認知症を正しく理解し、
偏見を持たず、自分のできる範囲で
認知症の方やその家族を応援するのが認知症サポーターです。

地域や職場で、どんな支援ができるのか
一人ひとりが考えていくことが大切です。

  • 友人や家族に認知症の正しい知識を伝える
  • 認知症の人やその家族の気持ちを理解するよう努める
  • 職場で働きながら、地域で生活しながら、できる範囲で手助けをする

活動内容は人それぞれ、
ちょっとした気遣いや見守りが
地域の大きな支えになります。

認知症サポーターにはその「目印」として
「オレンジリング」が付与されています。

具体的な対応・7つのポイント

  1. まずは見守る
  2. 余裕をもって対応する
  3. 声をかける時は1人で
  4. 後ろから声をかけない
  5. 相手に目線を合わせてやさしい口調で
  6. おだやかに、はっきりした滑舌で
  7. 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

認知症の人への対応の心得・3つの「ない」

  1. 驚かせない
  2. 急がせない
  3. 自尊心を傷つけない

こうして見てみると
当たり前のことのようで
とっさの時には難しいことですね。

普段から意識を持って
練習しておく必要があると思います。

そして
このことは認知症患者に対してだけでなく
コミュニケーション全般に共通しているこです。

どんな人に対してであっても
日頃から このようなことに気をつけることで
いざ認知症の方と接する機会が訪れたとしても
自然にサポートができるのではないでしょうか。

既に全国で410万人以上が
「認知症サポーター養成講座」を受講したとのことです。

専門の知識や技能を認定する資格ではなく
老若男女を問わず常識として誰でも知っておくべき講座内容です。

チャンスがあれば、ぜひ受講してみてください。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:微笑ましさに隠された切なさ…

web拍手

学び老い応援傾聴コミュニケーション

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
さとちゃん  
はじめまして^^

初めてコメントさせていただきます☆

「認知症サポーター養成講座」私もキャラバンメイトで
何回か講座を開かせていただいています。2つの市で登録をしています。
今後は自分で身近なところでの開催を考えています。
丁寧な記事をありがとうございました。
今後もブログ拝見させて下さい^^ よろしくお願いいたします。

2013/06/11 (Tue) 07:24 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
さとちゃん さん...

★コメントありがとうございます。

認知症は、今は無関係だと思っていても
いつ向き合わざるをえない時が来るかもしれません。

自分自身が発症するかもしれないし
身近な人が発症するかもしれません。

発症した当事者は
医療機関や福祉関係の従事者によって
適切な対応を受けるチャンスがありますが
その周りで暮らしている家族や関係者は
ほとんどケアされていないのが現状です。

当事者はもちろん
その家族や関係者への対応が課題です。

どんな人にも その可能性があるのですから
できるだけ多くの人が
最低限の知識と心の準備をできるよう
もっとこのような講習が広まると良いと思います。

これからもキャラバンメイトとしてがんばってください。

では、お気楽に...(^^)/~~~

2013/06/14 (Fri) 21:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply