仲良きことは美しきかな

害虫を駆除するために農薬を開発しても
しばらくすると
その農薬に適応できる虫が現われます。

インフルエンザのワクチンを開発しても
しばらくすると
そのワクチンが効かないウイルスが現れます。

反抗的な子どもを言い聞かせようとして
長時間の説教をしたり体罰を与えたりしても
逆に反抗的な態度が強くなる傾向があります。

喧嘩や戦争で勝ったとしても
次は仕返し報復を受けて再戦することになります。

追いかければ追いかけるほど 逃げられる…
やっつけようとすればするほど 攻撃してくる…

思い通りに事を運ばせるために
思い通りにいかない元凶を
潰そうとすればするほど
余計に思い通りにならないことも少なくありません。

どうして そんなことになってしまうのでしょう?

それは
自分の思い通りに… というところに
どうも原因があるように思うのです。

もちろん
成し遂げよう! という強い意志や想いは
目標達成のための大きな力になるでしょう。

それに
チャレンジ精神も忘れたくないものです。

けれども
自然の流れを感じ取り
流れに逆らわず、流されず
流れに乗っていった方が
より上手く事が運ぶことも少なくありません。

人間が科学をいくら発達させたとしても
自分がいくら努力を積み重ねたとしても
自然の摂理に反して
いつ何時でも、何から何まで
思い通りに事が運ぶとは思えません。

大きな流れを感じて
謙虚な態度で自分の役割に徹して
全体としての調和を願うことで
自分自身もまた成長できるような気がします。

こういう考え方は
臆病で消極的な発想なのでしょうか?

思い込みかもしれませんが…^^;

上手くいっている人や
魅力的な人っていうのは
あんまり闘争的な感じがしませんね。

やっつけようというよりも
協力して上手く乗り切ろう! っていう感じ。

しあわせの独り占めを目指さず
コントロールしようとせず
互いに少しずつ譲り合って
みんなと一緒に上手くやっていくためには
全て思い通りにしようとする気持ちを捨て
全体の利益や成長を目指すことが
より自然な生き方なのかもしれません。

近隣社会や隣国を受け容れて共存する…
同業他社やライバルを受け容れて共存する…
虫や動物たちを受け容れて共存する…
病気や老いを受け容れて共存する…
意見の違いや個性を受け容れて共存する…

「やっつける」 よりも 「共存する」

もともと日本人が得意なやり方ですよね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

仲良きことは美しきかな 武者小路実篤

 

●1年前の今日:おさかな? 半額?

web拍手

和の心共存

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply