川の字

留学中、女性の外国人教師に
「川の字で寝るとはどういうことか?」と聞かれた日本人女性
「子供を真ん中にして夫婦が寝るというコトです」
「こちらでは乳幼児でも別の寝室で寝る。夫婦の時間は大事!」

日本人女性、実家の母に電話して川の字の理由を聞く。再度説明。
「寄り添って眠っていれば、子供は安心する。いつもと違う寝息で 体調の変化などもすぐわかる。そういえば子供の頃怖い夢を見て泣いていると、すぐに母親が‘それは夢よ、大丈夫’と言ってくれて安心した」
それを聞いた女教師なぜかハラハラと涙を流す。

後日、その外国人女性は日本人男性と結婚。家族川の字で寝るという。
「子供の足に自分の足を絡ませて暖めるとき、幸せを感じる」とのこと。

via: なんで川の字で寝るの? : 2chコピペ保存道場

そーかー…

あまり意識したことはなかったけれど
欧米人にとっては
川の字で寝るっていうのは
かなり違和感があるんですね。

個人主義的だし、ベッドの文化だし
ちょっと考えれば解ることかもしれません。

従来型の日本の家なら
ふすまで仕切られた狭い部屋で
畳に布団を敷いて寝ているわけですからね。

違うのも当然です。

どちらが良くて
どちらが悪いというわけではなく
一長一短があり
それぞれの歴史や文化の違いは
必要に応じて受継がれてきたのでしょう。

欧米風の暮らし方だと
自立心が育まれるでしょうし
日本風なら
協調性が養われると考えられるように
各々の良さがあるのだと思います。

どちらにも良さがあるということですね。

ならば
生まれ育った国や地域の
歴史や伝統的習慣に従って暮らすことは
最も自然で理に適った生活だと言っても
過言ではないでしょう。

グローバル化の名の下に
欧米化志向はさらに強まっていますが
グローバル時代だからこそ
日本人は日本人のアイデンティティを
より強く発揮することが必要なはずです。

国や地域によって
習慣や意識に違いはあるもの
その違いを認め合って
役割分担していくところに
本当の国際化があると思うのです。

そのためにも
まずは、時刻の歴史や習慣を再認識し
自信を持って受け継いでいきたいもの。

正反対と言ってもいい異文化の人々にとっても
納得のいく素晴らしい文化風習を
日本人は受け継いできたのですから。

国際社会の中でも、日本人として
しっかり日本人を担当していきたいものです。

ちなみに、ウチは
変形ながらも親子「川の字」で寝ていますよ(^^)v

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

川の字

via: Webマガジン幻冬舎: 片岡 K ジワジワ来る猫猫

 

●1年前の今日:優しさは伝染する

web拍手

親子文化風習日本人

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply