明日は衆議院選挙の投票日です

明日は衆議院選挙の投票日です。

誰に投票すればいいものか…
いつも以上に悩ましいと感じてる人も
少なくないのではないでしょうか?

そんなときに役立つかもしれない
議員活動をまとめたデータベースが
無料で公開されています。

衆議院議員活動統計

46期衆議院議員活動統計

23期(1947年)から 46期(現在)までの
全衆議院議員の国会・委員会での発言数などを
並べ替え可能な一覧表で見ることができます。

実際に見てみると
かなり個人差があることが判ります。

さまざまな事情が絡んでいるのでしょうけれど
活発に活動している人もいれば
全く発言をしていない人も少なくありません。

国会での議員の活動記録ですから
このデータが活動の全てではありませんし
代議士経験のない新人候補は掲載されていませんが
非常に興味深い資料だと思います。

明日の選挙の立候補者の一覧も公開されています。
2014年衆議院議員選挙立候補者一覧

併せて投票前に一度は目を通しておきたいですね。

国会議事堂

これまでにも何度となく触れていますが
改めて確認しておきたいことがあります。

民主主義は、権利と義務がセットであり、
権利は義務が伴って初めて保証されるということ。

さまざまな市民の権利を享受するなら、
投票による参政は欠かせない責任だということ。

そして「投票する人がいない」状況なら
自ら出馬するか、支持者を立てて支援をすること。

そこまでできないのであれば
たとえ消去法であってもベターを選択して投票し、
自らが選んだという意志と責任を持つということが
権利を主張する上で必要な市民の義務。

「選挙権」と「被選挙権」は、
「権利」であり「責任」でもあるのです。

「投票したい人がいない」という理由で
棄権したり白票を投じるという行為は、
一方的に権利を放棄しているつもりでも
実は、「投票により参政する責任」と
「支持者を立てる責任」を負ってはいません。

気に喰わない政権ができてしまうことも、
投票したい人がいないことも、
民主主義においては選挙権者の責任です。

とは言うものの
今回も誰に投票するかで悩んでしまいます。

本当に頭の痛いことですが
そんな状況をつくったのも
任せっきりになっている自分たちの責任。

不本意であっても必ず一票を投じて
その責任の一端を果たしたいと思います。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

 

●1年前の今日:正論めいた偏見

web拍手

政治責任権利

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply