就寝できることのありがたさ

ごはんを食べるときに、「いただきます」と
感謝の気持ちを口に出してたしかめるじゃないですか。
たとえ儀礼的にであっても、それを言う。
「食えばいいんだろ」で食べるわけじゃないでしょう。
それと同じように、寝るときにも、
(基本的に)屋根のある暖かい部屋で清潔な床に入れて、
安心して眠りにつけるということについて、
「ありがたいなぁ」という気持ちでいようや、オレよ
‥‥ということなんですよ。

via: 今日のダーリン 2015-1-2

そう言われてみれば そうですよね。

「目からウロコ」というより「寝耳に水」といった心境です。

ごはんを食べるときには「いただきます」と言います。
10回に9回くらいは言っています。
儀礼的な習慣になっていることもありますが、やっぱり感謝の気持ちはありますね。充分ではないかもしれませんが^^;

けれども、寝るときには「休息をいただきます」とか言いませんし、そのことに疑問を感じたこともありませんでした。

でも、よくよく考えてみれば、雨風の凌げるところで安心して眠ることができるということは、とてつもなくありがたいことですよね。
糸井さんが言っているからという訳ではなくて、ホントにそう思うんですよね。つい今しがたまでノーマークでしたけど(^^ゞ

そう思うと反省しきりです。
今までなんて贅沢で感謝の足りない暮らしをしていたのか…

興奮したり悩み事があるときには熟睡できることのありがたさを感じたことはありましたが、「もう寝なきゃ」みたいな義務感や拘束に感じることも少なくありませんでした。
少なくとも「寝ることを歓ぶ姿勢」はなかったように思います。

夜になれば寝るのが当たり前だと思い込んでいたんですね。
眠ること対して あまりにも無頓着すぎでした。

毎日三度の食事がいただけること…
植物や動物が生命を分け与えてくれていること…
身体が健全に機能して食物を摂れること…
美味しさや満足を感じられること…

食べることに関して、さまざまなありがたさを感じているように、寝ることに関しても、ありがたさが少しずつ湧き上がってきます。

自分の家の寝具で眠れることに感謝…
危険に晒されることなく安眠できることに感謝…
一人きりではなく家族と眠れることに感謝…
睡眠時間がとれることに感謝…
寝ることで健康を維持できていることに感謝…
煩わしいことをリセットできることに感謝…
普段とは違う世界を体験できることに感謝…
時に思いもよらないアイデアが閃くことに感謝…
寝ている間に記憶や思考を整理できることに感謝…
会いたい人に会えたりすることに感謝…
今日を終わらせ明日を迎えれることに感謝…
いろんなありがたさが思い浮かんできます。

今まで、こんなありがたいことに どうして気付かなかったのか?
いや、たまには気づいたり口にしたりしていたかもしれないのですが、軽くあしらっていたのでしょうね。

これからは、寝ること、眠ることに関して、ちょっとは感謝できるようになれるでしょうか?
食べることに関しても、心の底から感謝できているでしょうか?

今スグ自信満々で大丈夫だとは言えませんが、こうして気づきを得て意識する機会を持つことで、少しずつならできそうな気がします。

今夜から寝る前に言おうと思います。
この機会を与えていただいた全ての存在に向けて「おやすみなさい、ありがとう」と。

いつか「いただきます」と同じくらい慣れるとイイな…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

就寝できることのありがたさ

●1年前の今日:
やろうと思ってできていないこと

web拍手

感謝睡眠安心安全

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply