愚直に行動を継続する

一年で一回しか振り返らない人と、一年で三六五回振り返る人と、いったいどちらの人生がうまくいくか。
考えるまでもありません。
一日一日、愚直に、自分を振り返る習慣を継続して持つことで、やがては自分の人生を自分でコントロールできるようになっていくのだと思います。

via: あたりまえのことをバカになってちゃんとやる

世の中には超人的な天才もいるし
まぐれ当りやビギナーズラックもある。

けれども基本は積み重ね。

美しい宝石も元々は石ころ同然の原石。

それを磨いて磨いて
磨き尽くしてやっと宝石になる。

何かを上達させたいと思うのなら
とにかく練習や稽古を積み重ねること。

派手な成果を上げている人だって
長い下積みを経験していることは多いし
毎日の地味な練習を欠かさない人は少なくない。

その練習や稽古には非効率なものもあれば
効果的に成果が得られるものもある。

しかし、どんな効率的な方法であっても
それを実行しない限り成果は望めないし
より多く繰り返している人には追いつかない。

早いもの勝ちっていうのは
急がば回れを早く実行したもの勝ちということ。

効率的な方法を探している間に
愚直な練習を積み重ねよう!

途中で良い方法に巡り合ったら
既存のやり方にとらわれずに変えていけばイイ。

やはり基本は積み重ね。
つまり、数稽古。

量の伴わない質はない。

優れた才能も
画期的なアイデアも
圧倒的な効率化策も
愚直な試行錯誤を伴って初めて成果が出る。

上手くいかなくてもスグに諦めない。
上手くいかないときは工夫を加えて繰り返す。
一回ごとの失敗は実は真の失敗ではない。

上手くいったら何度でも繰り返して習慣にする。
上手くいってもさらに改善すればより強くなる。
一回きりの成功は真の成功とは限らない。

もしかすると、天才っていうのは
愚直に行動を継続できる人のことなのかもしれない。

ならば、誰しも天才になれるチャンスはある。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
好きと嫌いは両立する

web拍手

継続行動素直チャレンジお気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply