勘がいい人というのは

勘がいい人というのは 誰よりも挑戦している人なのです

『勘』というのは経験から培われるもので
『経験』というのは失敗のことで
『失敗』というのは挑戦の賜物で

勘がいい人というのは
誰よりも挑戦している人なのですよ

via: Twitter / DJ_aoi

いや これホント!

常に勘を磨いているからこそ勘がいいわけであって、勘を鍛えもせずに勘に頼って手抜きしている場合じゃないですよね。

…などと書いてみましたが、

勘を鍛えているわけでもないのに勘に頼って、その結果やっぱり失敗してしまったとしても、その経験というのも挑戦の賜物だとすると、端から勘に頼るのも一手だと考えて良いということなのかも!?

失敗するリスクを気にせず勘に頼って失敗しても、それを繰り返すうちに勘が良くなるという可能性は確かにありますね…

「失敗を恐れず経験を積め」というのは、ついついクソ真面目に稽古を重ねろという意味だけにとらわれがちだが、必ずしもその方法しか道はないということではないのかもしれません。

方法はともかく経験値を高めること。
何度でも挑戦することが大事だということは、とりあえず間違いなさそうです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
実に画期的なアンケート用紙

web拍手

経験失敗チャレンジ

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply