あらゆるものは移ろいゆくのが常

朝霧駅から望む明石海峡大橋

朝霧駅から望む明石海峡大橋。

力、技、富の粋を結集した世界屈指の土木建築。

構想から数十年、5000億円を投じて1998年に開通。

この夢の架け橋の耐用年数は約100年。

長いか? それとも短いか?

夢は夢見心地だからこそ夢。

叶ってしまえば沙羅双樹の花の色。

とは言え、そんな悪夢もまた夢のうち。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
夢見心地だからこそ夢
●1年前の今日:
さらに勢力を増していた「どぅるんっ!」シリーズ

web拍手

無常天命生命お気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply