大切な本には付箋を貼らないで!

付箋と一緒に文字が剥げた

図書館恐怖の写真(心霊番組風)画像をご覧いただきたい。お分かりであろうか。付箋をはがした時に、ページの表面が活字ごと剥がれてしまっている。長い年月を経た本は、きれいに見えても劣化が進んでいる事がよくあるのだ。絶対に、図書館の本に付箋を貼ってはならない……

via: Twitter / @kanagawa_lib

コレ意外と知られていないみたい…

印刷物は付箋を貼る貼らないに関わらず経年劣化します。

図書館の本はもちろん、大切な書物の取扱には注意しましょう。

付箋は剥離しやすいので油断しがちですが、粘着力が弱いとはいえ糊が付いていますから本を傷めてしまいます。

また、一度貼り付けると糊は付着し続けますので、剥がした後も紙面の劣化を促します。

そもそも図書館の本は、落書きや折曲げなどと同様、付箋を貼ることが禁じられています。

短時間であっても付箋を貼らないようにしましょう。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

大切な本には付箋を貼らないで!
●1年前の今日:
ぜひ利用してみたいサービス

web拍手

注意マナー

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply