窓の開け方まちがっていませんか?

梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑。

エアコンのお世話にならずにはいられない時期ではありますが、やはり就寝時や掃除中くらいは窓を開けて空気を入れ替えたいものです。

そこで活躍するのが網戸。
これがなければ風と一緒に虫が入ってきますからね。

ところが、網戸を閉めているのに、なぜか虫が侵入してくることはありませんか?

そんな時、確かめてみたいのが窓の開け方です。

まずは、窓を全開にした場合の図を見てください。

窓全開の場合は虫が入りづらい

via: ウェザーニュース

網戸と窓の枠が合わさって虫の侵入経路を塞いでいます。

次に窓を半開きにした場合は…

半開き(左側)の場合は虫が入る隙間ができてしまう

網戸と窓の枠がずれているため、枠と網の間に虫が通ることのできる程度の隙間ができています。

網戸を閉めているのに虫が入ってくるのは、この隙間が原因になっていることが多いようです。

ですが、下記のような開け方ですと、窓を半開きにしていても網戸と窓の枠が合わさって虫の侵入経路を塞ぐことができます。

半開き(右側)の場合は全開と同じく虫が入りづらい

つまり、窓の引き戸と網戸の位置によって隙間ができたりできなかったりするわけです。

通常、室内側から見て右側に手前の引き戸があることが多いため、網戸も右側に設置することによって、半開きでも全開でも虫の侵入経路を断つことができます。

窓から虫が入ってきて困っているという人は、窓の開け方を確認してみてください。

もちろん、いくら正しい窓の開け方をしていても、網戸が破けていたら虫は入ってきますよ。ウチのベランダのように^^;

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
何度見直しても美味しそー!

web拍手

カンタンおてがるハック豆知識害虫対策

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply