眼の前の状況は自分で選んで決めている

眼の前の状況は自分で選んで決めている

このところ良きにつけ悪しきにつけお気楽に構えていられない出来事に遭遇することとが多くなっています。

どんどん事が進んで慌ただしいことや、思いが通じずイライラすることや、何かと心揺さぶられることが次々に起きていて、こうした状況が2ヶ月くらい続いています。

きっと何か変化の前触れなのだろうな、などと思っているうちは未だお気楽なのかもしれませんが、こういう時期を何度か超えて歳をとってきたような気がします。

今日は午前中から胸騒ぎのすることがあり、その後ちょっとしたトラブルに発展してしまいました。

その影響で大切な方との約束を守れませんでした。

しかも事前に連絡を入れることもできず、大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

先に生じたトラブルに関しては自分も面倒に巻き込まれた側の立場でしたが、午後はトラブルに巻き込ませた側という真反対の立場にいたのです。

いえ、真反対と書きましたが、よくよく振り返ってみると、トラブルに接している当事者という意味では全く同じ立場だったと言えるかもしれません。

客観的に見れば同じ状況であったとしても、自分の捉え方によって、自分の周りに生じる出来事やその意味は変わります。

ラッキーだと捉えるのも、厄介だと捉えるのも、なんてことはないと捉えるのも自由。実は自分で選んでいることなんですね。

今日はトラブルの当事者になってしまいましたが、その選択が良い結果に結びつくことも少なくありません。

この2ヶ月の間だけを振り返っても、前向きに捉えたことがきっかけになって、ずっと先送りしていたことが一気に片付いたケースもありました。

特に何をしたわけでもなく可能性を信じて話を聴いていただけなのに、落ち込んでいた人や迷いに悩まされていた人の心が開放されて歓んでいただいたこともあります。

大いに反省されられる一日でしたが、より快適で生きがいを感じられる暮らし方を再確認できた一日でもありました。

これまでの体験や今日の出来事は、きっと今後のために役立つ経験になるはず。

何か変化を強いられることがあったとしても、必要な手続きをは済ませてあると思えれば、心穏やかに余裕を持って対応できるでしょう。

これまで経験してきたことが、これからどこで活きてくるのか楽しみです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
連休最終日に確認しておくべき明日の過ごし方

web拍手

視点自主自立思い込みお気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply