天災は忘れた頃にやってくる

極めて大型で勢力の強い台風21号チェービー。

ついに今日、徳島県に上陸した後、淡路島をかすめて14時過ぎに明石海峡付近から本州に再上陸しました。

17時現在、若狭湾を抜け小松市付近にあって北北東へ毎時65kmで進んでいるとのこと。

どなたさまもご無事でしょうか?

大阪市内でも想像を絶する激しい風雨に見舞われました。

近所の街路樹が根こそぎなぎ倒されていたり、幹の途中で折れたりしています。

ウチのマンションのエントランスでは天井板が剥がれ落ちてしまいました。

暴風になぎ倒された街路樹

ピーク時には、いろんな物が空を飛んでいました。

ゴミレベルの小さなものだけでなく、看板や屋根の一部と思われる大きなものも飛んでいました。

ウチのベランダでも午前中のまだ穏やかなうちに整理して飛散を防ぐ対策をしていました。

日よけのスダレは風に煽られないようにきちんと巻いておきました。

が、暴風のピーク時にはそれでも追いつかず、5枚のうち1枚がほどけて飛ばされてしまいました。

このままでは他所様に被害を及ぼしてしまうと思い、他のスダレも力づくで引きちぎって回収しました。

紐でぶら下げていた端っこの1枚はゆらりと融通が利くので無事でした。

夕方には雨風ともに弱まりましたが、道路や中庭もどこからか吹き飛ばされてきたもので散らかっています。

信号の向きが変わってる!?

そして、驚いたことに、信号機の向きが変わっていたのです!

強い南風に煽られて少しずつ北側へ押されて曲がってしまったのでしょう。

瞬間最大風速は47.4mに達したとのこと。

それほど強い風だったんだなと改めて思い知らされます。

暴風に煽られて向きを変えられてしまった信号

一昨日あたりまでは「大阪には何十年も台風が直撃したことがない」なんていう話をしていました。

たしか、第二室戸台風の1961年から大型台風の直撃はなかったと思います。

今回の台風は、その時と同じようなコースを辿って来襲しました。

50年以上京阪神に住んでいますが、これほどの台風は経験したことがありません。

まさに、天災は忘れた頃にやってくる。

決して油断することはできませんね。

明日以降も水害や土砂災害の危険があります。

また、今後の進路によっては東北地方や北海道に再上陸する可能性もあります。

引き続き警戒を怠らずに備えたいと思います。

これ以上 被害が拡がりませんように…

●1年前の今日:
〇〇を知らないなんて…

web拍手

台風防災

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply