改元後初の憲法記念日に憲法について考える

改元後初の憲法記念日に憲法について考える

令和になって初めての憲法記念日。

改元だ 10連休だと話題が多かったせいもあってでしょうか、例年以上に注目度が低かったように感じます。

しかしながら、憲法改正の是非を問う国民投票の投票権年齢は既に「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられていますし、さらに夏の参議院選挙の結果次第では、いよいよ憲法改正の機運が高まる可能性があります。

そのような状況の中、投票権者たるわれわれ国民は、どれほど日本国憲法について理解しているのでしょうか?

たとえば、以下のような事実を把握している人はどれくらいいるでしょう?

  1. 「戦争放棄」条項は日本国憲法独自のものではない
  2. 世界で初めて「戦争放棄」を謳ったのは 1791年のフランス憲法。その後平和憲法条項を盛り込んだ憲法を持つ国は 99カ国にも及ぶと言われています。憲法9条をあたかも世界唯一の平和憲法規定だと思い込んでいるのは大きな誤解です。
    「日本国憲法にノーベル平和賞を」という団体がありましたが、如何に世界情勢について勉強不足で一人よがりな考えををしているかということを大声で主張しているようなものです。日本人として恥ずかしい限りです。

  3. 憲法9条の特殊性は「戦争放棄」の第一項ではく第二項にある
  4. 「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」
    この規定は当初「非武装」と解されていました。
    吉田茂首相も当初は国会で「非武装」を答弁しています。
    それが朝鮮戦争後、自衛隊を保有することになりました。
    「非武装」から「武装」へと180度の解釈が変えられています。

  5. 日本よりも厳格な平和主義規定を持つ国もある
  6. モンゴルやアンゴラでは、外国の軍事基地を設置してはならない規定があります。
    カンボジアやリトアニアでは、核兵器の禁止が明示されています。

  7. 憲法9条は平和条項として不完全
  8. 多くの国々では「戦争放棄」を憲法に盛り込む一方で、自衛の軍隊を保有し、同時に「国家緊急事態条項」を規定して、緊急事態に対応できるように定めています。
    自衛隊という軍事力を保有しておきながら「国家緊急事態条項」がないのは明らかに平和憲法としての欠陥です。

  9. 日本国憲法の多くの条項が時代に合わなくなってきている
  10. 環境保全に関する条項は、世界65カ国の憲法に謳われています。 プライバシーの権利は 44カ国、知る権利は 22カ国の憲法に明記されています。
    これらは日本国憲法の制定当時にはなかった人権条項ですが、無改正のままになっています。

  11. 日本国憲法は無改正の世界記録を更新中
  12. 最も古いアメリカ合衆国憲法は、1887年の制定以来1992年までに18回の改正が行われています。2番目に古いノルウェーでも1814年から1995年までに139回改正されています。
    日本国憲法は15番目に古い憲法ですが、1946年から一度も改正されていません。
    17番のイタリアでは6回、18番のドイツでは46回改正されており、21位まで無改正の憲法はありません。

これらは、2015年のこのブログにも掲載したものですが、、日本国憲法の実態について意外と知られていないのではないかと思うことを改めて列挙してみました。

事実ですから決してレア情報ではないのですが、自分の周りにも知らない人がたくさんいます。

大学の法学部で憲法を専攻した自分も最近まで知らなかった項目がありました。

憲法改正の是非を議論するにあたって好ましい状況とは言えません。

政府は国民投票を実施するのなら、まずは全国民に対して日本国憲法に関する正確な情報提供と周知徹底するための環境整備を行うべきだと思います。

同時に、お上に任せっきりではなく、自分たち国民もまた国民としての責任を果たすべく自主的に憲法のことを知る努力をしていかなければなりません。

でなければ、国民投票という重要な決定手続きにおいて、正しい判断を下すことができません。

憲法改正に賛成の人も反対の人も、どちらがイイのか判らない人も、せめて憲法記念日の今日くらいは、少しでも憲法のことについて知る機会にしたいものです。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
休日も平日と同じ時刻に起きよう!

web拍手

憲法自主自立権利責任考える

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
ユーアイネットショップ店長うちまる  

フランスのことは知らなかった。
余りにも日本人には腫れ物に触るような憲法論議
真剣に議論して欲しいです。

2019/05/04 (Sat) 06:15 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
うちまる さん…

★毎度おかげさまです。

主権者として自分自身が真剣に議論し合えるようになりたいものです。

では、お気楽に…(^^)/~~~

2019/05/06 (Mon) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply