少しの違いで大違い!#02

かけうどん

ミルクティーの代わりに出汁を タピオカの代わりにうどんを入れたもの

via: Twitter / @surimoo

強いコシが特徴的な冷凍うどんには
タピオカ粉が練り込まれているそうです。

それはともかく…

ちょっと材料が違うだけで
ちょっと組み合わせが違うだけで
大流行したりしなかったりするものです。

モノそのものの品質や価値よりも
どのように見せるか?
どのような意味を持たせるか?
誰がどんな場面で使っているか?
そういったことが価値を決めています。

つまり、新発見や新発明でなくても
新しい視点からのアプローチによって
新しい価値やヒット商品が生まれるということ。

モノに満たされた時代だからこその消費。
所得が伸び悩む時代だからこその需要。
そういうところを刺激する価値があるはず。
どんな時代にも無限の可能性は拡がっているはず。

いや、なんぼなんでも飛躍し過ぎやろ

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●関連記事:
少しの違いで大違い!
●1年前の今日:
技と志が抜きん出た白バイ警官

web拍手

視点アイデア価値伝える表現

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
ユーアイネット店長うちまる  

最近はタピオカドリンクを買い求める長い行列。
冷凍うどんの原材料とは知りませんでした。。

2019/08/13 (Tue) 06:24 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
うちまる さん…

★毎度おかげさまです。

1992年の第一次ブームの時、タピオカは白いものでした。
が、2008年の第二次ブームでは黒いタピオカが登場。
昨年からの第三次ブームでは、黒タピオカが主流のようです。

流行だから買うけど、実はそんなに美味しくないよね…
誰もがそう思っていた(はずの)タピオカでしたが、
昨今のタピオカは黒糖などで味付けされて進化しています。
今回はブームに終わらず、定着するでしょうか?

では、お気楽に…(^^)/~~~

2019/08/14 (Wed) 23:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply