花火大会が終わったら線香花火の季節かな

真夏の夜空を彩る「第31回 なにわ淀川花火大会」も終わると、大阪の夏もピークを過ぎた気配が漂ってきます。

お盆休みが明けるとアッという8月末。

学校の夏休みも終わって喧しかった近所の公園にも静けさが戻ってきます。

まだまだ暑い日は続くのですが、なんだか黄昏れたムードに包まれて、ちょっぴり寂しさを感じます。

そんな季節にピッタリなのが線香花火。

中でも こんな可愛い花火はいかがでしょう。

線香花火 筒井時正「花々」

いただきものの線香花火がすっっっごく可愛いのみて、、、
美しい……儚い……ひとひらひとひらが花火なの……素敵すぎる………。。

via: Twitter / @mameko_BLM

線香花火 筒井時正「花々」

なんて可憐で美しい線香花火でしょう!

これまでの花火のイメージを根本から打ち破る芸術的な仕上げ。

炊いてしまうのが惜しくなりますね。

線香花火 筒井時正「花々」

線香花火は、かぼそい火花をチリチリと放ちながら赤い火玉をこしらえたかと思ったのも束の間、花びらが散るかの如く儚く消え去ってしまいます。

まるで夏の終りを象徴しているかのように無常観が漂う花火。

それでも線香花火に火を灯したくなるのは、夏が終わるのを知っているからなのでしょう。
夏を終わらせて、次の一歩を進めなくてはならないと解っているからなのかもしれません。

線香花火 筒井時正「花々」

まだ愛おしく懐かしむには早すぎますが、残り少なくなってきた今年の夏を最後まで満喫しようと、改めて心に刻み込みます。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
当たりには違いないのだけど…

web拍手

季節花火無常

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply