怒って伝えようとすのはキャパ以上の高望み

怒って伝えようとすのはキャパ以上の高望み

怒ったり、声を荒げたりしないと伝えられないことは、すでに自分のキャパを超えている。キツイ言い方では伝わらない。怒って伝わった気がするのは、相手が恐れて自分を閉ざしただけだ。恫喝したり怒って伝えようとすることは、キャパ以上の高望みであり、欲張ることであり、叶わぬ願いである。

via: Twitter / @zoonieyamada

まさにその通り。

ぐうの音もでません。

しかし、それは
その伝え方のキャパであり
自分自身のキャパとは限らない。

怒って伝えることが高望みであり
声を荒げて伝えることが叶わぬ望み。

ちゃんと言えば
落ち着いて言えば
伝わる余地は充分に残っている。

ただし問題なのは
ちゃんと言う余裕、
落ち着いて言う余裕がないこと。

そこはまさしく自分のキャパ。

けど、諦めずにもう一度
一息いれて心を落ち着かせてみよう。

責めたいわけじゃない。

怒りをぶつけたかったわけじゃない。

本当は愛を届けたかったはず。

それはどんな愛情だった?
どんな優しいキモチだった?
伝えたくなった時の原点を思い出してみて。

それでも今ちゃんと言えないなら
まだちゃんと伝える術を持たないのなら
ゴリ押しせずに温かい眼差しで見守ろう。

しっかり見守ることも最上級の愛情表現。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
日本に生まれてよかった

web拍手

コミュニケーション伝える

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
ユーアイネット店長うちまる  

ついつい大声。
私も考えないと。

2019/08/31 (Sat) 06:25 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
うちまる さん…

★毎度おかげさまです。

何歳になってもなかなか思うようにいきませんが
キャパを超えているのだから仕方ないとも言えます。

繰返し大声を出してしまうときは
かなりキャパ超えしているということですから
自分自身をケアすることも必要な時かもしれません。

では、お気楽に…(^^)/~~~

2019/09/03 (Tue) 23:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply