煙草の煙の如く音楽を燻らせる達人

「NO SMOKING」
A Haruoni Hosono Documentary Movie.「NO SMOKING」

映画「NO SMOKING」
公開初日の今日、観に行ってきました。

ファーストデー割引日かつ初日でしたが予想以上に空いてました。

それもそのはず…

A Haruoni Hosono Documentary Movie.
細野晴臣 50周年記念ドキュメンタリー

こんなマニアックな映画ですからね。

言うまでもなく細野さんは本邦を代表する音楽家であり、海外での評価も高いので充分に知名度は高いのですが…

追悼作品じゃないすよ。

彼はバリバリの現役ですから。

テレビ番組なら解ります。

細野さんほどの人なら 50周年記念番組が制作されても不思議ではありませんし、ぜひ放送してもらいたいです。

けど、全国ロードショー公開される映画とはスゴイ!

もちろん勝算あっての興行かとは思いますが、やはりリスキーですよね。こういう作品は。

どう考えてもファンのための映画ですからね。

というか、作った人が間違いなく熱狂的な細野マニアですね。

制作に携わった人たちの熱意がいたるところに感じられます。

細野晴臣 50周年記念ドキュメンタリー

自由にふれると心が躍る

ドキュメンタリーですし時系列ですし、プロフェッショナル某やプロジェクト某のような大逆転劇もありません。

全般に永年の功績を並べた流れになっているので興味のない人には退屈かもしれません。

しかし、多少なりとも事情や人柄に触れたことのあるファンにとっては、その当時の葛藤や苦悩を思い描くに足るコメントを聴くことができて涙モノです。

こう書くと、これは一アーティストの記念映像でしかないのかと思われるかもしれません。

が、タイトル「NO SMOKING」の意味が解った今では、もっと深い作品であったと納得しています。

タイトルの意味については、映画の公式サイトやニュースサイトの告知記事にも掲載されているので読んでみてください。その真意は映画の中で理解できるはずです。

ファンによるファンのための記念作品であるだけでなく、細野さんからのメッセージが込められた映画だったんですね。

細野さんの音楽人生において一貫して持ち続けている志と生き方がバックグラウンドに淡々と流れ続けています。

それは静かでおぼろげに、それでいて強く響いてきます。

ファンならずとも心に留めおきたい達人からのメッセージ。

感じ取ってみてください。

まぁ万人にオススメしたいとは言いませんが…
自分にとってはタイムリーかつクリティカルな当たり映画でした。

心が踊りすぎて今夜はなかなか眠りに就けないかも!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

細野晴臣 50周年記念ドキュメンタリー.「NO SMOKING」
●1年前の今日:
生産者っていったい誰?

web拍手

映画音楽天命自由お気楽

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
ユーアイネット店長うちまる  

細野晴臣
懐かしいなぁ~

2019/11/02 (Sat) 07:25 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
うちまる さん…

★毎度おかげさまです。

初めて「はっぴーえんど」を聴いたときの衝撃は忘れられません。
最も尊敬する音楽家の一人です。

では、お気楽に…(^^)/~~~

2019/11/05 (Tue) 08:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply