早くも梅が見頃を迎えています

満開の岡本梅林公園

今日から確定申告の受付が始まりました。

今年も初日の朝イチバンのりで申告完了です。

無事任務を終えたということで、一寸ゆっくり過ごすことにしました。

今年は梅の開花が例年よりかなり早かったようで、今ちょうど見頃を迎えていると小耳に挟み、税務署に赴く直前に母に連絡。

急遽、親子で岡本梅林公園へ梅を観に行くツアーの催行が決まりました。

例年よりかなり早く見頃を迎えています

神戸市東灘区は「梅は岡本、桜は吉野、蜜柑紀の国、栗丹波」と謳われるほど、有名な梅の名所でした。

ところが、阪神大水害による山崩れ、神戸大空襲による戦火、戦後の宅地開発などにより、次々と梅は姿を消していきました。

しかし、名所の面影が失われて久しい1970年代から梅林を復活させようという動きが始まり、その流れを汲んで1982年に開園したのが岡本公園(通称:岡本梅林)です。

今日は昨日までとは打って変わって凍てつく風が強く吹いて寒くなりましたが、噂通り梅は満開。まさに見頃を迎えていました。

4500平米を超える山の斜面に 42種 198本の梅の木が植えられています。

大阪城や月ヶ瀬梅林と比べると規模は小さめですが、その咲きっぷりは見応え充分! 神戸市街や港を一望できて眺めも最高!

予想を遥かに上回る素晴らしいお花見をさせてもらって親子ともども大満足。リピートは確実でしょう。

機会があれば次は、さらに少し山を上ったところにある保久良梅林にも足を伸ばしてみたいですね。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

42種198本の梅の木があります
●1年前の今日:
伝えることは一回に一つだけに絞る

web拍手

季節満喫親子お気楽

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply