感じることや考えることを止めない

自分や他者を縛らない

大事なことは、思い込まないことだと思う。友達が大事だ、と思い込まないこと。でも、孤独が最高だ、とも思い込まない。当然だと思われるもの、慣れ親しんだもの、これだと決めたもの、をいつも疑って、またその疑うことも疑う。それくらいにしていてちょうど良いくらい、人間というのは思い込みが激しい。思い込んで、考えることをやめようとする。考えるというのは、自分との対話だから、結局は自分と口をきかなくなっていくのだ。もっと話を聞いてやってはどうだろうか。

via: MORI LOG ACADEMY - 自分との対話を(TGIF Blog)

「思い込みは良くないから常に疑わなくてはならない」

いや、そうではなくて…

それもまた思い込みによる思考停止ではないかな。

答えは一つだという思い込みがそうさせるのかもしれない。

片っ端から何でも思ったことを疑わなくたってイイ。

他にもあるかもしれないという可能性を残しておくだけでイイ。

ないかもしれないけど、あるかもしれない、そう思ってみる。

言い換えると、カンタンに結論を出さないということ。

現段階での判断を下すことは悪くない。

むしろ自分の意見や考えは持っておくべきだろう。

だが、それは途中経過であり結論ではない。

そこで感じることや考えることを止めない姿勢が大切。

今、常識だと言われていることが、ほんの数年前には考えもしなかったという例は少なくないし、何百年も常識だったことが、来週から書き換えられてしまうかもしれないのだから。

行動や思考を止めないこと。

疑うのではなく感じ続けること。

そのために自他へ関心を寄せ続けること。

いつも可能性にフォーカスすること。

そうすることで自分や他者を縛らずに済む。

そうすることで未来は圧倒的に自由になる。

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
すってんころりん

web拍手

視点可能性感性思考

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply