今こそ世界の「連帯」が必要

1945年8月6日、広島は一発の原子爆弾により破壊し尽くされ、「75年間は草木も生えぬ」と言われました。しかし広島は今、復興を遂げて、世界中から多くの人々が訪れる平和を象徴する都市になっています。

今、私たちは、新型コロナウイルスという人類に対する新たな脅威に立ち向かい、もがいていますが、この脅威は、悲惨な過去の経験を反面教師にすることで乗り越えられるのではないでしょうか。

およそ100年前に流行したスペイン風邪は、第一次世界大戦中で敵対する国家間での「連帯」が叶(かな)わなかったため、数千万人の犠牲者を出し、世界中を恐怖に陥れました。その後、国家主義の台頭もあって、第二次世界大戦へと突入し、原爆投下へと繋(つな)がりました。

こうした過去の苦い経験を決して繰り返してはなりません。そのために、私たち市民社会は、自国第一主義に拠(よ)ることなく、「連帯」して脅威に立ち向かわなければなりません。

原爆投下の翌日、「橋の上にはズラリと負傷した人や既に息の絶えている多くの被災者が横たわっていた。大半が火傷(やけど)で、皮膚が垂れ下がっていた。『水をくれ、水をくれ』と多くの人が水を求めていた」という惨状を体験し、「自分のこと、あるいは自国のことばかり考えるから争いになるのです」という当時13歳であった男性の訴え。

昨年11月、被爆地を訪れ、「思い出し、ともに歩み、守る。この三つは倫理的命令です」と発信されたローマ教皇の力強いメッセージ。

そして、国連難民高等弁務官として、難民対策に情熱を注がれた緒方貞子氏の「大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。自分の国だけの平和はありえない。世界はつながっているのだから」という実体験からの言葉。これらの言葉は、人類の脅威に対しては、悲惨な過去を繰り返さないように「連帯」して立ち向かうべきであることを示唆しています。

今の広島があるのは、私たちの先人が互いを思いやり、「連帯」して苦難に立ち向かった成果です。実際、平和記念資料館を訪れた海外の方々から「自分たちのこととして悲劇について学んだ」「人類の未来のための教訓だ」という声も寄せられる中、これからの広島は、世界中の人々が核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて「連帯」することを市民社会の総意にしていく責務があると考えます。

ところで、国連に目を向けてみると、50年前に制定されたNPT(核兵器不拡散条約)と、3年前に成立した核兵器禁止条約は、ともに核兵器廃絶に不可欠な条約であり、次世代に確実に「継続」すべき枠組みであるにもかかわらず、その動向が不透明となっています。世界の指導者は、今こそ、この枠組みを有効に機能させるための決意を固めるべきではないでしょうか。

そのために広島を訪れ、被爆の実相を深く理解されることを強く求めます。その上で、NPT再検討会議において、NPTで定められた核軍縮を誠実に交渉する義務を踏まえつつ、建設的対話を「継続」し、核兵器に頼らない安全保障体制の構築に向け、全力を尽くしていただきたい。

日本政府には、核保有国と非核保有国の橋渡し役をしっかりと果たすためにも、核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを誠実に受け止めて同条約の締約国になり、唯一の戦争被爆国として、世界中の人々が被爆地ヒロシマの心に共感し「連帯」するよう訴えていただきたい。また、平均年齢が83歳を超えた被爆者を始め、心身に悪影響を及ぼす放射線により生活面で様々な苦しみを抱える多くの人々の苦悩に寄り添い、その支援策を充実するとともに、「黒い雨降雨地域」の拡大に向けた政治判断を、改めて強く求めます。

本日、被爆75周年の平和記念式典に当たり、原爆犠牲者の御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げるとともに、核兵器廃絶とその先にある世界恒久平和の実現に向け、被爆地長崎、そして思いを同じくする世界の人々と共に力を尽くすことを誓います。

令和2年(2020年)8月6日

広島市長 松井一実

via: 読売新聞オンライン

広島は今日、75回目の「原爆の日」を迎えた。

今年の平和記念式典は感染症対策のため列者席数を大幅に縮小して催された。

この1年で死亡が確認されたのは4943名。奉安箱に納められた原爆死没者名簿への記載人数は32万4129名となった。

全国の被爆者健康手帳所持者は年々減少を続けており、今年3月末時点で13万6682名となり、最も多かった1982年の6割減となっている。

被爆者の平均年齢も83歳を超え、悲惨な体験を次世代にどう伝えていくかが大きな課題になっている。

松井一実市長は平和宣言で、国連で採択された核兵器禁止条約の締約国になるよう改めて日本政府に求めた。

さらに、核兵器廃絶には世界の「連帯」が重要だと強調。

広島には、世界中の人々が核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて「連帯」することを市民社会の総意にしていく責務があると訴えた。

しかし、今年も安倍晋三首相は核兵器禁止条約には触れなかった。

原爆投下から「草木も生えぬ」と言われた75年が経った。

多くの人々の努力の結果、現在の広島は復興を遂げ、活気あふれる都市に成長した。

日本人の底力を誇らしく感じられるシンボル的存在になっているが、そう捉えていない人たちもいるのかもしれない。

原爆を落とされても数十年も経たずに復興できるなら通常兵器と変わりないじゃないか、そんなとんでもないことを考えている人がいるからこそ、未だに核兵器の根絶が実現しないのではないか?

だとしたら、実に嘆かわしい。

核抑止や核の傘という考え方は極めて不安定で危険極まりない。

人類は歴史を直視し学ぶことをやめたとき再び重大な過ちを犯してしまう。

だからこそ私たちは「ヒロシマ」を「継続」して語り伝えなければならない。

どんな小さなことであれ、自分にできることを一つひとつずつ、「連帯」を意識しつつ実践し続けていこうと思う。

今こそ世界の「連帯」が必要
●1年前の今日:
志と寛容の心をもって理想の世界を目指す

web拍手

戦争原爆伝える自主自立和の心

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
小だぬき  

私も同館です。
核の抑止論ほど 愚かな施策はないと信じています。
万が一、ヒューマンエラーで ボタンが押されたら 地球の破壊になってしまいます。
本来は 非武装で 侵略にはレジスタンスで戦うと宣言した方が 平和の安定になると思っています。

2020/08/07 (Fri) 08:39 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
小だぬきさん…

★毎度おかげさまです。

現代の戦争は武力から経済力の攻防に変化しています。
また、敵となる主な対象も国家からテロ組織へ変わりつつありま。
実際のところ過度な武力は軍事産業を潤す目的になっているだけでしょう。
それもまた経済力に関わっているので厄介ですね。

では、お気楽に…(^^)/~~~

2020/08/12 (Wed) 16:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply