無料でできるオシャレ

無料でできるオシャレ

なるほど…

どんなにイイもの揃えて着飾っていてもイマイチ品を感じない人って、こういうオシャレができてないんだろうな。

ふとした弾みで口をついて出るコトバは、その人が考えていることや気持ちが表れることが少なくありません。

だとすると「ボロは着てても心は錦」は、コトバ遣いから感じられるものなのかもしれませんね。

本質的には心を磨くことがイチバンではありますが、まずはコトバに磨きをかけてみるのも一手ですね。

がんばります…

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

渋谷駅で切符を一枚買った時のことである。

気がせいていたので
「渋谷一枚」
と叫んでしまった。

こういう場合
「ここだよ」
と怒鳴り返されるのが落ちだが、その駅員さんは
違っていた。静かな声で
「ただですよ」
と言って、かすかに白い歯を見せた。

私は一瞬この初老のおじさんに惚れてしまった。

私は東京の南青山に住んでいる。

お洒落のメッカ原宿に近いせいか、喫茶店に入ると
最近流行のファッションに包まれた若い人で一杯である。

センスの良さに感心することも多い。

しかし、感心するのは外側だけで、聴こえてくる会話には
ひどく、ガッカリしてしまう。

ヤング向けの週刊誌や、深夜放送のラジオから
拾って繋ぎ合わせたような、調子はいいが全く
内容も個性もない「やりとり」を延々と繰り返している。

自分に似合う、自分を引き立てるセーターや
口紅を選ぶように、言葉も選んでみたらどうだろう。

言葉のお洒落は、ファッションのように、遠目で人を
惹きつけはしない。

ただで手に入る最高のアクセサリーである。

流行もなく、一生使えるお得な品である。

ただし、どこのブティックを覗いても売ってはいないから
身につけるには努力がいる。

本を読む、流行語を使わない、人真似をしない。

何でもいいから、手近なところから始めたらどうだろうか?

長い人生で、ここ一番という時に物を言うのは
ファッションでなくて、言葉ではないのかな?

(言葉のお洒落:向田邦子)

●1年前の今日:
定時起床は三文どころか三億くらい得

web拍手

コトバ表現視点配慮和の心

Admin

Comments 1

There are no comments yet.
ユーアイネットショップ店長うちまる  

言葉使い
私はへたくそ。
ショートしてしまうことちょくちょくあります。

2021/09/13 (Mon) 05:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply