甘くておいしい梨を見分けるコツ

突然ですが、梨が好きです。

たぶんフルーツの中でイチバン好きだと思います。

というか、普段あまり果物に興味がないにも関わらず、秋になると梨が食べたくなります。

見分け方の基本としては、軸がしっかりとしている、果皮に色ムラがない、ずっしり重たい、お尻の部分がより深く凹んでいる、といったポイントをおさえましょう。より水分が豊富で水々しく、鮮度が良い梨を選ぶ目安になります。

via: ウェザーニュース

梨好きではありますが、どれでもイイと言うわけではありません。

ジューシーで甘い梨に当たったときは最高にハッピーです♪

豊水や新高などの『赤梨』と呼ばれる茶色っぽい梨には、表面にザラザラした斑点のようなものがあります。これは果点コルクと呼ばれるもので、実の気孔がふさがってコルク化したもの。この表面のザラザラ具合も選び方のポイントになります。

果点コルクは梨が成熟してくるとだんだん目立たなくなってザラザラ度が減ってきます。完熟間際になると表皮が少しなめらかになるので、甘い梨がお好きなら、ザラザラ度が少ないものを選ぶようにしてください。なお、梨はお尻が最後に熟すので、ザラザラ度を見る時はお尻から見てください。

『青梨』は『赤梨』よりもわかりやすいです。『青梨』は未熟なうちは表皮が緑色です。これが熟してくると黄緑色から黄色に変わってきます。

ですから、黄色味がかったものを選べば、甘いということになります。ただし、シャリシャリした梨独特の食感がお好きなら、あまり黄色すぎるものは果肉がやわらかくなっている可能性があるので注意しましょう。

via: ウェザーニュース

日本の梨は洋梨と違って追熟しないので、店頭でしっかり成熟したものを選ぶのがコツだそうです。

収穫の秋。実りの秋。

選び方のコツをマスターして、秋の味覚を満喫しましょう!

・・・などと、
思ったり...思わなかったり...

では、お気楽に...(^^)/~~~

●1年前の今日:
自らを由とする

web拍手

Admin

Comments 2

There are no comments yet.
ユーアイネットショップ店長うちまる  

今年は梨をたくさん食べました。
でも、あたり外れ。
これはいい情報です。

2021/10/20 (Wed) 05:07 | EDIT | REPLY |   
どくとる☆はにわ  
うちまる さん…

★毎度おかげさまです。

こちらは今年
梨を食べそびれました…
大好きなんですけどね~

では、お気楽に…(^^)/~~~

2021/10/29 (Fri) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply