世界が表情を変えた

あなたに逢えた それだけでよかった

世界に光が満ちた

夢で逢えるだけでよかったのに

愛されたいと願ってしまった

世界が表情を変えた

世の果てでは空と海が交じる

 

ポルノグラフティさんの
『アゲハ蝶』という曲の歌詞です。

 

この曲を初めて聞いたとき、
3年越しの片思いをしていた私は、
生まれて初めて音楽を聞いて
泣くという経験をしました。

 

愛されたいと願ってしまった・・・・

 

****

 

片思いの最初は
楽しいことばかりだったんです。

 

目が合えばうれしい。

一緒に下校できたら楽しい。

おしゃべりしてるだけでテンションが上がる。

 

でも、
好きな人が私以外の他の人を好きだと知ったとき、
苦しさが生まれました。

 

私を取り囲んでいた世界が表情を変えたんです。

 

彼が好きだったのは私の友達でした。

 

それを彼から聞いたときから、
私は彼の恋のキューピット的な役割を担うようになりました。

 

苦しかった。

馬鹿らしかった。

惨めに思うときもありました。

 

でも、
それでも私は楽しかったです。

彼のことは相変わらず好きだし、
その友達のことももちろん好きでした。

結局
彼のことを好きだなぁと思う気持ちは変わらず、
片思い5年目に突入したときに、
奴らはついにくっつきました。

 

その時私のなかで渦巻いていた感情は、
いろんなものがありました。

 

切ない・・・・
悲しい・・・・
苦しい・・・・
惨め・・・・・

 

そんなマイナスの感情は
もちろん生まれました。

でも、
同時に幸福感もあったことには
自分でも驚きました。

 

しばらくすると、
彼らの幸せそうな様子を見ても、
胸が痛いと思うより、
幸福感の方が強くなっていきました。

 

私の世界は、
彼からのリターンを望むようになってから
表情を変えました。

 

でも、
GIVE(与えること)だけを望むようになってから、
世界はもう一度、表情を変えたような気がします。

 

 

大切な人が喜ぶことをしてあげたい。

 

片思いをしたことは、
私を成長させるための肥やしになりました。

富士[20歳・大学生]

(ネタ元: 3秒でHappy? 名言セラピー)

 

 

GIVEだけを望むようになってから、
世界はもう一度、表情を変えた

これは なるほど 名言です。

ポイントは…

「もう一度」 ってところやね。

 

●1年前の今日:シアワセは 心のもちよう…

web拍手

片思い

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply