弱点よりも…

不得手なことの改善に
あまり時間を使ってはならない。

自らの強みに集中すべきである。

(ピーター・ドラッカー)

 

不得意なことは
苦手なこと嫌いなことであることが多い。

苦手だから 成果がでない。
嫌いだから ヤル気がでない。

非効率になるのは、当たり前のこと。

なのに…
わざわざ課題を見つけ出して
その改善に頭を悩ませて
なかなか結果が出せないでいることは多い。

課題解決型が絶対的に正しいと
信じ込まされてきたのだから仕方がないけれど

やっぱり
弱点の改善に時間を費やすよりも、
得意なところを伸ばすことに集中する方がイイ!

 

●1年前の今日:素直なキモチ !?

web拍手

ドラッカー

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply