「正しい箸の持ち方」は「正しい」のか

「正しい」持ち方を教えることは否定しない。

幼い子にはできるだけそれを覚えるよう教育した方がいいと思う。

これは例えば
野球少年にバットの振り方を教えるのと同じようなものだ。

やはり最初に身につけるべき振り方があって、
それと大きく異なっている子は大抵うまくならない。

じゃあ一流のプロ選手がみんなその振り方をしているかというと
そんなことはまったくない。

【全文】→「正しい箸の持ち方」は「正しい」のか

ネタ元:「頭ん中」さん

 

「箸の持ち方」と
「バット」の振り方を
同じように捉えてイイのたろうか?

 

イ イ と 思 う !

 

最初にキホンの型を実践した人は
誰の真似もしていない。

意図して基本を作ろうとした人も
中には いるだろうが、
概ね、そんなことに興味のない人が
一心不乱に自分らしさを
追求しただけなのだと思う。

時を重ねるうちに
それが「基本」と名付けられただけ。

 

始めに手本となった人は
守も破も離も 何もなかった。

「守・破・離」は
ことの順序を示しているのであって
これもまた、一つの基本形なのだ思う。

やってきたオハシマン―正しいはしの持ち方と食事のマナー 箸の持ち方――人間の価値はどこで決まるのか? いちばんやさしい教える技術

 

1年前の今日:いただきもの

web拍手

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply