さりげない工夫と配慮

読み手に配慮した ふりがな

あるトイレに貼られていた案内文。 (ネタ元:「頭ん中」さん)

 
ん~! 確かに…!
感知式の電灯というのは
油断してジ~ッとしていると
消えることがありますなぁ~ (体験談^_^;)

と、いうことではなくて…

ふりがなに注目して欲しい。

 
なるほど…!
「自動感知式」が読めない人に
「じどうかんちしき」と読ませたところで
たぶん、意味は通じないだろうね~

「ふりがな」としては不正確ではあるけれど…
「ふりがな」を振る意味を考えると
非常に実効性が高い上に、
読む人への配慮に富んだ素晴らしい張り紙です。

 
いやぁ だいたい…
他の感知式のトイレで、
この手の注意を促す案内文は
見たことがないです! 少なくともボクは。

あっぱれ! おみごと!

●関連記事:
さりげない工夫と配慮 #2
●1年前の今日:
観光立国をめざして

web拍手

工夫配慮

Admin

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply